読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

プロメディアとアマチュアメディア

メディア(広告媒体)

エカワ珈琲店が自前のホームページを開設したのは、2002年の9月です。

その頃の情報発信元のほとんどは、テレビ局やラジオ局などの放送会社、新聞社、週刊誌や月刊誌を発行している雑誌出版社などのプロメディアで、広告媒体としての機能も、プロメディアに集中していました。

続きを読む

自分らしく生きるということは

マイストーリー

エカワ珈琲店の店主は、65年間と半年近くの人生を歩んで来ています。

40代の始めころ、『自分らしく』生きてきただろうかと考え続けていた時期があります。

また、何かで落ち込んでしまった時、『自分探し』の旅にでも出かけようかと考えたこともあります。

続きを読む

昭和39年(1964年)、思い出すままに振り返ってみると

昭和ストーリー

2000年代の中頃のこと、昭和39年頃の喫茶店で提供していたコーヒー1杯の値段について、何故か時々、問い合わせがありました。

その頃、エカワ珈琲店のホームページに「純喫茶コロナ物語」と題する記事を掲載していて、その記事を読んでの問い合わせだったわけです。

続きを読む

アイスコーヒーは香りの飲み物

珈琲コラム

アイスコーヒーは苦味を堪能する飲み物ではなくて、香りを楽しむ飲み物だとエカワ珈琲店は考えています。

コーヒーのコクを感じる甘味と香りが最大化して、苦味と酸味をできるだけ押えた焙煎コーヒー豆を使ってアイスコーヒーを淹れたとき、最も美味しいアイスコーヒーが出来上がるのだと思います。

続きを読む

不幸せな自営業者にさようならして、幸せな自営業者になる方法

フリーランス社会学

エカワ珈琲店の店主は、自営業者歴(自己雇用者歴)20数年のベテラン自営業者(自己雇用者)です。

これまでの経験から、自営業者(自己雇用者orフリーランス)には、幸せな自営業者と不幸せな自営業者が存在するのを知っています。

続きを読む

田舎の無名のコーヒー屋(or二流のコーヒー屋)を取り巻く環境の様変わり

珈琲商売

食品加工の世界では、素材がその食品の味を左右する重要な要素となるのだと思います。素材がよければ、美味しい食品ができる確率が高くなります。

焙煎コーヒー豆も加工食品ですから、当然、素材が良ければ美味しいコーヒーを淹れることのできる焙煎コーヒー豆に加工される確率が高くなるはずです。

続きを読む

ビジネスホテルの朝食バイキングで美味しいコーヒーを提供する方法

珈琲ストアー

ビジネスホテルの朝食バイキングで美味しいコーヒーを提供する方法、それは、煎りたて新鮮な焙煎コーヒー豆を使用して、淹れたてのコーヒーを提供することに尽きるのだと思います。

スタッフ2人くらいで朝食バイキングに対応するのだとすると、ハンドドリップで淹れたコーヒーを提供するのは無理だと思います。

続きを読む

紳士服ブランド「ダーバン」のテレビコマーシャルとアランドロン

昭和ストーリー

1970年代、アランドロンが登場する紳士服ブランド「ダーバン」のテレビコマーシャルが頻繁に流れていたのを覚えています。(中身は覚えていませんが) 

1970年代に急成長した紳士服ブランド「ダーバン」は、主に都会の百貨店で取り扱われていて、アランドロンの登場するテレビコマーシャルの効果もあって、あっと言う間に年商300億円を超える紳士服ブランドに成長して行ったのを覚えています。

続きを読む

ニーズ(必要なもの)市場とウォンツ(欲しいもの)市場

マーケティング

ニーズ(必要性)とウォンツ(欲求)は、似て非なるものなのだと思います。

ニーズは抽象的な欲求の表現ですが、ウォンツは具体的な欲求の表現なのだと思います。だけど、しばしば混同して使われているのだと思います。

続きを読む

和歌山城の近くの自転車カフェ(バイクカフェ)、cafe & store main(メイン)

和歌山

エカワ珈琲店が『メイン』さんと呼んでいる「cafe & store main」は、和歌山城の近くに立地する自転車カフェ(バイクカフェ)です。

自転車カフェ(バイクカフェ)は、今、注目を浴びているカフェ形態ですが、「cafe & store main」は、2010年代のはじめ頃から、自転車カフェ(バイクカフェ)形態で商売を営んでいます。

続きを読む

コーヒーの世界ではデフレが終了しているのだと思います

珈琲商売

10数年前(2000年代前半)、デフレ経済真っ只中の頃、オフィス(職場)で飲むコーヒー1杯の値段は30円~50円くらいでした。

当時、オフィスで飲むコーヒーは、オフィスコーヒーサービスというビジネスに全面依存していました。

続きを読む

ライフスタイルメディア

メディア(広告媒体)

何年も前から、新聞は購読していません。(読まなくなっています)

もう何年も前から、最近は特にそうなのですが、テレビのニュース番組にも興味が無くなってしまっています。(時々、見る事だけです)

マスメディアのニュースについては、GoogleニュースやYahooニュースで満足しています。

 

続きを読む

オンラインのお肉屋さんが急成長中(アメリカでの話)

珈琲商売

現在のアメリカ合衆国ですが、収入格差が拡大して、大衆と呼ばれる消費者層の収入が減少しているのだと思います。

スーパーマーケットを利用する消費者は、価格が安い食品を選択購入するようになっているようです。

続きを読む