江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

焙煎コーヒー豆が新鮮かどうかを簡単に見分ける方法

1杯用カプセルコーヒー、インスタントコーヒー、コンビニコーヒー、喫茶店・カフェで楽しむコーヒー、オフィスで飲むコーヒーと、誰もが、色々な方法でコーヒーを楽しんでいる今日この頃です。 コーヒーが趣味の人たちの中には、コーヒー生豆を購入して、自…

昭和の頃の繁盛していた喫茶店はコーヒーで儲けていた

成長を続けている世界一の喫茶店チェーン「スターバックスコーヒー」は、コーヒーを売って儲けています。スターバックスコーヒーの利益の源泉は、ブラックコーヒーやホワイトコーヒーなどのコーヒードリンクだと思います。 昭和の頃の繁盛していた喫茶店も、…

地方都市に住む60代後半のおじさん(おじいさん?)が東京に旅行したいと思う理由

ニューヨークも東京も、世界屈指の観光都市なのだと思います。観光都市東京には、日本中から、世界各地から、数多くの旅行者がやって来ます。 東京にやって来る旅行者たちは、自然の景観やアウトドアスポーツを楽しむ旅を目的にやって来るわけではありません…

朝飲むコーヒー、昼間飲むコーヒー、夜飲むコーヒー

朝、起きて直ぐに飲むコーヒーと、夜、風呂を済ませてから飲むコーヒーとでは、同じコーヒー豆を使って同じように淹れたコーヒーでも、香味が違うように感じられます。 朝と夜で、コーヒーを淹れる時・飲む時の周囲の環境が、それほど変化するわけでもないの…

オフィスコーヒーサービス

オフィスコーヒーサービス(略称はOCS)は、オフィス・事業所を対象に、コーヒー抽出マシンや自動販売機をレンタルして、焙煎したコーヒー豆やコーヒー飲料を販売するサービスです。 オフィスコーヒーサービスで販売する焙煎したコーヒー豆は、農林水産省の…

冷こお物語

昭和の時代、関西地方の喫茶店では、「冷たいコーヒー(アイスコーヒー)」を冷こお(レイコー)と呼んでいました。現在、アイスコーヒーといえば、淹れたてのコーヒーを氷で冷やすタイプがほとんどですが、昭和の時代の冷こお(レイコー)は、事前に作り置きして…

もうすぐ67歳になる高齢者が考える冒険の法則

一般的に、人は、『安全性が担保された上で冒険をする』のだと思います。そして、安全性が担保されていない冒険を、『無鉄砲』と呼んで忌み嫌っているのだと思います。 高齢者と呼ばれる年齢になると、『冒険するなら、安全性が担保されていなければ』、とい…

エカワ珈琲店のホームページはJIMDOで作っています

エカワ珈琲店のホームページは、ホームページ作成ソフト【Jimdo】 を利用して作成しています。 imdoは、専門的な知識や技術がなくても、自分で簡単にホームページを作って管理できるホームページ作成ソフトです。

アマゾンアソシエイトで少し稼げているので、その稼ぎをアマゾンマーケットプレイスに投入します

来年(2019年)の3月末で、「Yahoo!ウォレット FastPay」の決済サービスが終了するとのことです。 エカワ珈琲店は、おちゃのこネットを通じて「Yahoo!ウォレット FastPay」の決済サービスを利用しています。 おちゃのこネットを使って制作しているエカワ…

「冷たいコーヒー」というコーヒーのカテゴリーに関する考察

淹れたての熱いコーヒーを、氷を詰めたコップに注いで作る日本式アイスコーヒーですが、その昔、「冷コー」と呼ばれていたシロップやミルクを添加する「冷たいコーヒー」とは全く異なった飲み物です。

ネスレ日本のアフリエイト広告(カプセルコーヒーの広告)を貼り付けている理由

経済がグローバル化しているわけですから、ネスレ日本のコーヒー商品とエカワ珈琲店の自家焙煎コーヒー豆ですが、当然の事、100%競合関係は存在しません。ネスレの珈琲商品とコーヒー豆自家焙煎店の珈琲商品の関係ですが、経済がグローバル化すれば「こ…

ネスレ日本のカプセルコーヒー専用マシーン「ネスカフェドルチェグスト」とカプセルコーヒー

最近、専用コーヒーメーカー(マシーン)を使って1杯ずつ淹れるカプセルコーヒーorポッドコーヒーに注目が集まっているようです。簡単・便利で、それなりに美味しいと感じるコーヒーが飲めるというのが、その理由だと推測しています。

エカワ珈琲店のニュースレターを発行することにしました

「ワード」をある程度使いこなせるようになる目的とダイレクトメールの販促チラシ・パンフレットの作成を兼ねて< 『エカワ珈琲店のニュースレター』を作成発行することにします。

何かを求めて旅に出て、そして、何かが始まるのかもしれません。

観光パンフレットや観光サイト、観光ビデオなどを観ているのも楽しいのですが、それだけでは何も変化を体験できません。実際に旅行をして、旅をして、観て聴いて体験すれば、何かが変化することもあるのだと思います。

売上目標・利益目標を作る商売は魅惑的ですが、最低限食べて行くだけは稼ぐ商売も面白い

30年前、脱サラして自営業者になった頃、これくらいの売上でこれくらいの利益を上げようと考えました。最初に、売上目標と利益目標を作って、その目標を達成するのにどのような事をすればよいのだろうかと考えたものです。 売上を増やすための顧客サービス…