読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珈琲学入門【4】、コーヒー生豆の生産国、認証、保蔵

有料記事

コーヒーノキの栽培は、気温、降水量、土壌をはじめ、色々な条件が揃っていることが必要だと言われています。

その必要条件を満たす地域が、赤道を中心に北緯25度、南緯25度の環状地帯(コーヒーベルト)と呼ばれている国々のコーヒー農園なのだと思います。

続きを読む

コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味しいのか

珈琲ストアー

「コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味しいのか」という書名につられて、何故なのか知りたくて購入しました。

コンビニコーヒーは1杯100円~150円、高級ホテルでコーヒーを飲むと1杯1000円くらいと、約10倍の価格差が存在しています。

続きを読む

美味しいドリップコーヒーを淹れるための7つの極意

珈琲ストアー

エカワ珈琲店は、紙フィルターや布フィルターでコーヒーを淹れるドリップコーヒー派の珈琲屋です。

ということで、ハンドドリップ、あるいはコーヒーメーカーを使ってコーヒーを淹れるということを前提として、『美味しいドリップコーヒーを淹れるための7つの極意』という記事をエントリーします。

続きを読む

我が輩は珈琲博士、笑いと科学のスペシャルブレンド

珈琲ストアー

「我が輩は珈琲博士、笑いと科学のスペシャルブレンド」という本ですが、エカワ珈琲店のアマゾンアソシエイト経由で、今年(2016年)に入ってから2冊売れています。

本の著者は、「ハトを寄せ付けない銅像の化学的研究」でイグ・ノーベル賞を授賞された元金沢大学教授の廣瀬幸雄さんです。

続きを読む

マスメディア的マーケティングにさようならを

セスゴーディンさんに聞いてみよう

「〇〇賞受賞」、「〇〇万部突破」、「発行部数〇〇万部」、「〇〇万枚突破」、「ランキングに掲載される」、「イベントの実施」、「キャンペーン活動」などと、特定の出版物や新聞、音楽商品が、不特定多数の消費者から注目を集める仕組みを作り出して 、商品棚不足という状態を意識的に演出するマーケティングで成功を収めてきたのが、新聞・出版業界や音楽業界などのマスメディア産業なのだと思います。

続きを読む

兼松のコロンビア・エクセルソ、僅か1か月で売り切れになっていました。

珈琲商売

エカワ珈琲店ですが、コーヒー生豆を積極的に小売販売したいと何年も前から考えています。

近年、自宅でコーヒー豆を焙煎する人が増えていて、200g~300gくらいのコーヒー生豆を焙煎できる電動式のコーヒー豆焙煎機も登場しています。

続きを読む

コーヒー豆焙煎卸事業者の役割

珈琲商売

業務用コーヒー豆の卸売り業界ですが、全国展開している大手業務用コーヒー豆会社と地域に拠点を持つ中小の業務用コーヒー豆会社との格差が急速に拡大しているみたいです。

生き残りをかけた業務用コーヒー豆会社間の競争が行われていて、中小の業務用コーヒー豆会社は守りの体制に入ってしまっているのだと思います。

続きを読む

クジラのコーヒービジネスとアリのコーヒービジネス

珈琲商売

その昔、街中の小規模零細事業者は、その業界の大企業や中規模企業があまり興味を持っていない場所で商売を成り立たせていました。

例えば、1990年代、地方の町の零細なコーヒー豆自家焙煎店は、大手コーヒー企業や中規模コーヒー企業が興味を示していなかったオフィスコーヒーサービスで、売上の大半を賄っていました。

続きを読む

Gene Cafe (ジェネカフェ)/コーヒー豆焙煎機

珈琲ストアー

200g~300gのコーヒー生豆を焙煎することができる電動焙煎機ジェネカフェ(Gene Cafe )が、コーヒー愛好家の間で世界的に人気を博しているようです。

アメリカで人気のこの焙煎機ですが、最近では、日本仕様のGene Cafe(ジェネカフェ)が、アマゾンでも、楽天でも、Yahoo!ショッピングでも売られています。

続きを読む