読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェという場のつくり方(自分らしい起業のすすめ)

エカワ書店

山納洋(やまのうひろし)さんの著作、『カフェという場のつくり方(自分らしい起業のすすめ)』を蔵書しています。

これまで数多く出版されている「カフェ経営入門orカフェ巡り」的な本とは違って、生活世界の視点からカフェ・喫茶店のマーケティングを語っています。 

カフェという場のつくり方: 自分らしい起業のススメ

カフェという場のつくり方: 自分らしい起業のススメ

 

 

続きを読む

コネクション経済で生きて行く

セスゴーディンさんに聞いてみよう

20世紀の工業社会を繁栄に導いたコモディティー経済で中産階級を構成している勤労者の仕事を、コンピューターが奪ってしまう現象が進行しています。

一方、コンピューターとコンピューターがネットワークでつながるコネクション経済では、目の前に未開拓の広大な原野が広がっているのだと思います。

(和歌山地方裁判所。記事とは無関係の写真です。) 

 

続きを読む

年金プラスアルファーはオンライン活用のマイクロビジネスで

オーバー60

エカワ珈琲店の店主は、今年(2016年)の秋で65歳になります。

15年の公務員生活にプラスして、国民年金に15年間加入しています。

60歳から、公務員時代の共済年金を受給していて、今年(2016年)の秋からは国民基礎年金の受給が始まります。

f:id:ekawa:20160719225109j:plain

 

続きを読む

ローストマガジン社のRoaster of the Year を受賞した焙煎屋さんたち

珈琲商売

アメリカで発行されているコーヒー豆焙煎屋さん向け各月刊誌ローストマガジンが、2005年から毎年実施している、その年に最も注目された北米のコーヒー豆焙煎屋さんを表彰する催しですが、今年も募集が始まったようです。

f:id:ekawa:20160714210653j:plain

(Daily coffee news から引用しています)

 

続きを読む

コレクション向け書籍出版

マーケティング

インターネットが存在しなかった頃、あるいは、インターネットが一般的では無かった頃、エカワ珈琲店は、知識や情報を新聞・雑誌・書籍といった印刷物から入手していました。

現在(2016年)はというと、ほぼインターネットを利用して手に入れています。

f:id:ekawa:20160713145547j:plain

(セスゴーディンさんのブログ記事「First chance, best chance」から引用しています)

 

続きを読む