読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

セス・ゴーディンさんの『トライブ』

セスゴーディンさんの著作「トライブ」は、勝間和代さんの翻訳で講談社から日本版が発行されています。 19世紀の末から20世紀の初めにかけてアメリカで始まり、20世紀マーケティングの主流となったのが官僚主義的マーケティングで、その対極にあるのが…

『さおだけ屋はなぜ潰れないの』と『ヒューマン2.0』

何年か前、当時ベストセラーになっていた光文社新書『さおだけ屋はなぜ潰れないの』という本を読みました。 潰れない理由ですが、簡単でした。 さお竹屋は、その商売だけで生活しているのではなくて、他にも仕事を持っているからでした。 さおだけ屋はなぜ潰…

"コーヒー焙煎の化学と技術"と"Coffee Recent Developments"

中林敏郎博士の"コーヒー焙煎の化学と技術"は、日本のコーヒー業界、特にコーヒー豆の自家焙煎に関わっている人たちの必読書なのだと思います。 クラーク博士の"Coffee Recent Developments"は、英語圏のコーヒー業界、特にマイクロロースターと呼ばれる小規…

料理と科学のおいしい出会い/分子調理が食の常識を変える

アメリカ発の飲食関係のサイトやブログを彷徨っていると、分子ガストロノミーという言葉に度々遭遇します。 で、分子ガストロノミーという言葉を調べていて、この本の存在を知りました。

セスゴーディンさん

4年から5年くらい前、60歳を目前にして、コーヒー関係の情報収集に必要とのことで、自己流で英文解釈の学習を開始しました。 どのような学習をしているのかというと、自分好みの英文ブログやサイトをブックマークしておいて、時間があれば、その英文ブロ…

WEB進化論

自分の好きな本、あるいは販売したい本だけを仕入れて、店と自店のサイトで販売するのも面白い、そんなことを考えていた時期もありました。しかし、何年か前、ちくま新書の『WEB進化論』を読んでいて、そんな面倒くさいことをしなくたって、サイトさえ作れれ…

田口護さんの本

コーヒー自家焙煎技術講座 コーヒー自家焙煎技術講座 作者: 柄沢和雄,田口護 出版社/メーカー: 柴田書店 発売日: 1987/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 【参考までに】 もう絶版になっているのだと思います。エカワ珈琲店がコーヒー豆の自家…

パーミッション・マーケティング

1999年頃に翻訳出版されて、現在は絶版になっているセス・ゴーディンさんの「パーミッション・マーケティング」が、20011年9月、新しく谷川漣さんの翻訳で海と月社から出版されています。 //

新しい働き方ができる人の時代

三笠書房から出版されている『新しい働き方ができる人の時代』を読みました。著者はセス・ゴーディンさんで、日本語版の監訳は神田昌典さんです。 三笠書房といえば、人生論・青春論専門の出版社だと思っていたのですが、その三笠書房からセス・ゴーディンさ…

オマケつきマーケティング

昨日、今日と、コーヒー豆を焙煎しながらセス・ゴーディンさんの「オマケつきマーケティング(ダイヤモンド社/日本語版)」を読み終えました。 その昔、1990年代、エカワ珈琲店は、「グリコ+ダイエー」マーケティングを採用して、まあまあの繁盛を手に入…

トライブ

セスゴーディンさんの著作を勝間和代さんが翻訳して、講談社から発行されている「トライブ」を紹介させて頂きます。 官僚主義的マーケティングの対極が、氏族的マーケティングです。 官僚主義的マーケティングは、19世紀の末から20世紀の初めにかけてア…

人生四毛作論/石津謙介さん(VANジャケットの創業者)

あのVANジャケットの社長だった石津謙介さんは、人生で三度無一文を体験したそうです。 そして、三度の無一文体験が、いつも新しい人生の転機になったということです。 石津謙介さんは、昭和20年の敗戦で無一文になってしまって、その後、VANジャケ…

『BRUTUS/おいしいコーヒーの進化論』を買って読みました

只今、リノベーション中です。

【PR】エカワ珈琲店の営業案内

店名/ エカワ珈琲店 住所/ 640-8249 和歌山市雑賀屋町39番地 最寄り駅/ 南海電車の和歌山市駅 道順/ 南海電車の和歌山市駅から徒歩で20分~30分 電話番号/ 073-436-8595 Web Site/http://www.ekawacoffee.jp/ 定休日(目安)…