エカワ雑記店

和歌山市のエカワ珈琲店が綴る雑記ブログでず

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

マーケティング

ニーズ(必要なもの)市場とウォンツ(欲しいもの)市場

ニーズ(必要性)とウォンツ(欲求)は、似て非なるものなのだと思います。 ニーズは抽象的な欲求の表現ですが、ウォンツは具体的な欲求の表現なのだと思います。だけど、しばしば混同して使われているのだと思います。

経済先進国の経済成長、そのキーワードはスモールとローカル

ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ教授は、1929年頃に始まった世界的な経済不況とリーマンショック後のアメリカやヨーロッパの経済不況のプロセスが、非常に良く似ていると語っています。

エカワ珈琲店流、ディスカウントサービス心得3か条

例えば、焙煎コーヒー豆を買い求める消費者は、焙煎コーヒー豆という商品に支払っても良いと考えている価格イメージを持っているのだと思います。 そして、その価格イメージは、売り手が設定している価格と同じであることは稀なのだと思います。

コレクション向け書籍出版

インターネットが存在しなかった頃、あるいは、インターネットが一般的では無かった頃、エカワ珈琲店は、知識や情報を新聞・雑誌・書籍といった印刷物から入手していました。 現在(2016年)はというと、ほぼインターネットを利用して手に入れています。

楽観主義のすすめ

もう貯金が100万円しか残っていないと考えるか、まだ貯金が100万円も残っていると考えるか、あるいは、借金が100万円も残っていると考えるのと、借金が僅か100万円だと考えるかで、その人にとっての100万円の価値が違ってくるのだと思います。

生き残りの条件、それは依存しないこと

昔ながらの喫茶店という仕事は、世の中の人たちが昔ながらの喫茶店を必要としなくなった段階で終了するのだと思っています。 自家焙煎コーヒー豆を小売販売しているエカワ珈琲店ですが、10数年以上もの長期間に渡って、店舗での売上低迷が続いています。 …

自己利益追求の資本主義と共感の資本主義

アダムスミスの著書は、「国富論」と「道徳感情論」の2つだけなのだそうです。 アダムスミスは、「国富論」では自己利益の追求について、「道徳感情論」では共感について述べているとされています。

個人消費の時代

エカワ珈琲店は零細生業パパママ店ですが、一応商売を営んでいるので、消費者の動向というものには、ある程度敏感になっています。 で、最近の消費者の動向なんですが、消費者は流通小売業に対して、それほど期待していないような気がするわけです。 ビジネ…

零細生業パパママ店が、ウォーターベッド効果の犠牲にならない方法

大手小売事業者は、その購買力・販売力を背景にして、納入業者から安い価格で商品を仕入れることで、コストの削減と収益の拡大が可能となります。 納入業者は、大手小売事業者からの値下げ要求に対して、効率化で対応しようとするのですが、それでも対応でき…

何かを求めて旅をする

ダイエットの本を購入しました。でも、食事の内容や生活の仕方は、これまでと何にも変化していません。 少し体調が悪かったのでお医者さんに診てもらって、薬の処方箋ももらいました。でも、お医者さんに教えてもらった注意事項は実行することもなく薬も飲ん…

コネクション経済=失業という言葉が無くなる経済

江戸時代の日本は家内制手工業の時代で、生産者(とその家族)は、生産に必要な財を直接所有していました。 仕事の中心は職人による手仕事で、熟練を必要とするのが一般的でした。 江戸幕府が倒れて、明治維新政府が登場しました。 欧米文明を積極的に取り入れ…

地域密着型小売店の教科書的マーケティング

マーケティングの教科書によると、地元密着型の小売店は、競合相手との差別化をはかり、周辺の他の店では得られない商品・サービス・品質を提供することで得意客を獲得する。 小規模な小売店のブランド構築方法は、一つの店舗にて、一つの市場、一人のお客さ…

複業=メインの仕事+サブの仕事

エカワ珈琲店は、自分の目で選んだコーヒー生豆を使って、自分の手で焙煎加工したコーヒー豆に自信を持っています。 コーヒーに関して、自分が取得している技術と理論に自信を持っているわけです。 コーヒー豆の商売だけで、十分に生活を維持するだけ稼ぎ続…

衰退する商売と成長する商売の関係  

一つの商品、一つの商店、一つの商売が衰退・消滅して行く原因ですが、その商品・商店・商売に対する絶対的な需要が消えて無くなってしまったのでは無くて、その消費需要を、もっともっと充分に満たしてくれる商品・商店・商売が登場してきた結果、需要を奪…

オンラインを利用するマイクロビジネスの処方箋

アメリカでのマイクロビジネスの成功事例として、街中の音楽スタジオの先生を支援するWEBアプリケーションサイトの運営者が、下記サイトで紹介されています。 そのアプリケーションサイトの運営者は、毎月2万5000ドルくらいの収入を得ているそうです。 …

2010年は軒先商売でも情報格差が存在すればの時代、2016年は軒先商売が最先端個人ビジネスになる時代

需要が供給を上回っていた時代、1970年代の前半頃まで、何とか成り立っていた生業商売に『軒先商売』というものがあります。 自宅の軒先を店舗にして、店舗の奥には部屋があって、その部屋にはテレビが置いてあります。 店の経営者とその家族は、その店…

エカワ珈琲店の考えているオンラインを利用するマイクロビジネス

つい最近まで、自家焙煎コーヒー豆小売業(マイクロビジネスです)が主たる仕事で、オンラインを利用するマイクロビジネスは副業として営もうと考えていたのですが、その認識を変更することにしました。 ekawa.hatenadiary.jp

エカワ珈琲店は、オンラインを利用するマイクロビジネスを営みたいと考えています

// 零細生業の自家焙煎コーヒー豆小売り専門店をパパとママ2人だけで営んでいるエカワ珈琲店の商売は、立派なマイクロビジネスだと思っています。 通信販売での売上が半分、固定店舗での売上が半分という経営状態で、通信販売での売上の内訳は、オンライン…

ピラミッド型ビジネスから円錐台型ビジネスへ

頂上の無いピラミッドのことを、幾何学では円錐台と呼ぶのだそうです。 かつて、音楽や出版の世界は、少数のヒットメーカーやベストセラー作家が頂点に位置しているピラミッド構造の産業でした。 音楽や出版のデジタルコンテンツがオンラインで流通するよう…

さようなら消費共同体

1990年前後に発生したバブル経済が崩壊して、その後の失われた20年の時代ですが、小規模生業商売にとって苦難の時代だったのだと思います。 現在(2016年)、新しい小規模生業商売が誕生しつつあって、小規模生業商売苦難の時代が終焉しようとしてい…

リアルティードラマ

2010年前後、日本でも、アメリカでも、ドキュメンタリータッチのリアルティ番組が流行していたのだと思います。 エカワ珈琲店はリアリティー番組が嫌いなのですが、アメリカの地方在住のマーケティングコンサルタントさんのブログ記事に、リアルティー番…

Task rabbit じゃなくて、プロフェショナルで行こう

「TaskRabbit」をインターネット検索で調べると、インターネット経由で、ちょっとした仕事を他のユーザー(身元確認、審査ずみ)に少額の料金ですぐに頼めるサービスという説明が見つかります。 家具を組み立てるとか、買い物に行き難い人たちの代わりに食料…

我流インターネットマーケティング

【1】2010年3月16日投稿の記事です。 モノやサービスの購入に際して、品質の良い悪い、同じような品質ならば値段が安いか高いかだけを基準にしているだけでなくて、消費者の「好き嫌い」という感情も、モノやサービスの購入基準で重要な地位を占めて…

テキパキと身軽に仕事を楽しめれば

ゆっくりと歩いているよりも軽快に歩いている方が、素敵でかっこよく見えます。 テキパキと身軽に仕事を楽しんでいる人なら、仕事に対する情熱を感じることができて、信頼することもできるのだと思います。 テキパキと身軽に仕事を楽しんでいる人は、周りを…

パーフェクトの論理

潜在顧客の90%を喜ばせるのは、比較的に簡単なのかもしれません。 しかし、残りの10%の潜在顧客を喜ばせるのには、大変な努力が必要なのだと思います。 大変な努力をして、残りの10%の潜在顧客の半分を喜ばせることができたとしても、その残りの半分の…

平均的な消費者に平均的な商品を売る商売

2002年の秋頃、それまで順調に推移していたエカワ珈琲店の地域密着商売が、突然、成り立たなくなってしまいました。 それまで、エカワ珈琲店を利用してくれていたお客さんが、突然、消滅してしまいました。 エカワ珈琲店の近くに、流行の最先端を行く商…

マーケティングの3つの変化

エカワ珈琲店は、近年の「コーヒーブーム」の影響もあって、マーケティングの基本は「文化」なのだと考えるようになっています。 ここ数年、なけなしのお金をはたいて、何回も何回も、ダイレクトメールやチラシを使って広告宣伝活動をして来たのですが、ほと…

破壊的イノベーションで行こう

2010年11月14日に投稿した「破壊的イノベーションで行こう」を再掲載します。 当時(2010年秋)のアメリカ、リーマンショックに始まる長期不況の真っ只中にあるといわれていたのですが、地方の中小企業には元気があったのだと思います。 // そして…

お客さんは店のインテリア

飲食店に来店してくれるお客さんは、その飲食店の大切なインテリアなのだと思います。 その飲食店の店内環境の大部分は、来店してくれるお客さんによって創られているのだと思います。 お客さんというインテリアが素晴らしければ、その飲食店は繁盛すること…

ジェイソンさんのブログ記事・・・

5年ほど前(2010年の秋頃)、アメリカ西海岸の田舎町でマーケティングコンサルタントを営んでいるジェイソンさんという方のブログ記事を読んで、興味があったので、その要点を保存しています。