読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

プロメディアとアマチュアメディア

エカワ珈琲店が自前のホームページを開設したのは、2002年の9月です。 その頃の情報発信元のほとんどは、テレビ局やラジオ局などの放送会社、新聞社、週刊誌や月刊誌を発行している雑誌出版社などのプロメディアで、広告媒体としての機能も、プロメディ…

2010年代のローカルメディア

100年前のローカルと2017年のローカルとでは、その意味する主体が変化しているのだと思います。 2017年のローカルは、セスゴーディンさんの著作「トライブ」で説明されている世界なのだと思います。

ライフスタイルメディア

何年も前から、新聞は購読していません。(読まなくなっています) もう何年も前から、最近は特にそうなのですが、テレビのニュース番組にも興味が無くなってしまっています。(時々、見る事だけです) マスメディアのニュースについては、GoogleニュースやYahoo…

20世紀はマスメディアの時代、21世紀はライフスタイルメディアの時代

20世紀はマスメディア全盛の時代で、大量生産・大量消費の時代だったのだと思います。 マスメディアが登場する以前は、自分たちが住む町の外の情報については、その町に住む信頼できる誰かが仕入れて来る情報に依存していたのだと思います。

大衆(マス)市場が縮小して、オタク市場が成長しているのだと思います

有料放送専門の放送局とNHK以外の放送局の場合、視聴者では無くて広告主がお客さんです。 そして、視聴率の高い番組を制作して、広告主から高い評価を受けることで収益を得ているのだと思います。

アマチュアメディアでも稼げると思います

10数年前(2000年前後の頃)と現在(2016年)とでは、情報伝達の発信元(メディア)を取り巻く環境は大きく様変わりしているのだと思います。 2000年当時、メディア(情報伝達の発信元)といえば、ほとんどの場合、テレビ・新聞・雑誌・ラジオ、地域の…

全国規模のマスメディアや地域限定のマスメディアに無理して登場しなくても

エカワ珈琲店は、コーヒー豆の自家焙煎を開始してから約30年経過しているのですが、都会の有名店や特定の地方を拠点としている有名店などと違っていて、全国規模で影響力を持っているマスメディアに紹介してもらった経験は、これまで一度もありません。 全…