読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

70年前、35年前と現在の勤務風景

昭和30年代の大ベストセラー小説、五味川純平の「人間の条件」、その第1巻の5ページくらいに、「50人ほども机を並べている広い課内で、真剣に仕事をしている者は少なかった。巨大な会社では、たいていどこでもそうである。定時に出勤して退社する。そ…

生活様式の革命

大量生産・大量消費型生活様式の時代ですが、ここ日本では、ほぼ終了したのだと考えることにしています。 そうでなければ、10年以上も続いているエカワ珈琲店の苦境や、生活関連商品・食料品などのデフレ化現象を説明できないと考えています。

マイクロビジネスの活性化と公共調達

消費税の増税が決定しました。 年商1000万円以上の小規模零細事業者には消費税イコール売上税を意味していますから、収入が減少するのは避けられません。 前回の消費税増税に耐えて来た事業者であっても、今回の消費税増税に耐えられなくなって、真剣に…

インフレの時代に投資して、デフレの時代に回収しているという不運

2009年10月30日に発表された日銀「経済・物価情勢の展望」は、今後、物価の下落幅は徐々に縮小して行くが、2011年まではデフレ状態が続くと予測していました。 だから、当時(2009年当時)、日銀が続けていた超低金利政策は、当分の間、継続す…

お布施の原理

40年以上前に発表された梅棹忠夫さんの「情報産業論」という論文の中に、「お布施の原理」という考え方が紹介されています。 お布施の額は、お坊さんと檀家の格によって決まるという話です。 格式の高いお坊さんには、お布施をたくさん支払います。 また、檀…

小企業・自営業者を優遇すれば

アメリカでは、株価は史上最高値を更新していて失業率も低下傾向にあるのに、アメリカの生活保護制度であるフードスタンプの受給者数は約5000万人と高止まりしているとのことです。 アメリカの生活保護制度は働けない人だけを対象とする制度ではなくて、…

WEBサイト(orブログ)は何のために

WEBサイト(orブログ)ですが、何のために作成して、何のために更新を繰り返しているのかと聞かれたら、エカワ珈琲店の場合、誰かに影響力を行使して、その誰かの心に変化を与えるためだと答えます。 WEBサイトの作成・更新を始めてから11年、いろいろと…

商売が生きている

「商売が生きている」こと、それが大事なのだと思います。約20数年間、自営業者として商売を営んで来た経験から、そのように考えています。 商売も人の人生と同じで、生まれたばかりの頃、やんちゃ盛りの頃、血気盛んな頃、安定した頃、成熟した頃、枯れ始…

自営業者、小規模零細企業が日本経済を支える

賃金が高くて安定した職場である製造業の生産性がものすごく高くなって、労働力をそれほど必要としなくなって、賃金が安くて不安定な職場である流通サービス業へと労働力が移動して行きました。 それと、グローバル経済の活性化が、日本のデフレ経済の原因な…

アメリカ経済をけん引している産業は…

1年前にインフレットターゲットを導入したアメリカでは、ニューヨーク証券取引所の平均株価が過去最高を記録し続けていて、アメリカ経済は順調に推移しているように見えます。 日本も、今年、日銀がインフレットターゲット導入を宣言して、アメリカに続こう…

賃金デフレの解決方法

21世紀になってからの日本、毎年、毎年、労働者の賃金が下がり続けています。まさに賃金デフレの様相を呈しているのですが、デフレですから、労働力の供給が労働力の需要を上回っているのだと思います。 1990年前後、バブル経済の時代、21世紀の日本…

自営業者・自己雇用者が増加すれば、日本経済は活性化するはずです

Chikirinさんの日記の「縮む市場でめちゃめちゃ縮むビジネス」を読んでいて、「そうだったんだよな~」と、何となく、これまでの20年間近くのエカワ珈琲店の商売の軌跡を振り返ってしまいました。

インターネットで情報を伝える

インターネットが普及して、情報の分散化が始まりました。そして、より多くの人々が、より多くの情報に低価格で接触する機会を与えられたわけです。簡単に低価格で情報を手に入れることができるようになって、消費者の消費する情報水準が高度化しているのだ…

大阪府交通安全協会が免許競争入札で民間に完敗

2013年の4月から、大阪府警が実施している運転免許更新時講習の講師派遣委託先が、交通安全協会ではなくて神戸市の民間業者に変更されるとのことです。運転免許更新時講習の委託に伴う競争入札で、民間業者が交通安全協会に競り勝ったということです。

NHKが受信料を値下げするそうです

今日、10月1日から、NHKの受信料が毎月70円から120円の範囲で値下げになるそうです。我が家では、テレビ観賞の時間の大部分をNHKの番組が占めています。ですから、NHKの受信料については、それほど抵抗感無く支払っています。

企業に依存できない時代

最近、日本の大企業の人員削減や工場の閉鎖に関するニュースが、頻繁に耳に入ります。 効率化して機械化した製造ラインと、詳細なマニュアルを持つ分業システムを導入している生産性の高い工場であったとしても、工場の稼働率が下がれば固定費の壁を突破でき…

「真面目に一生懸命に」よりも・・・

まじめに一生懸命に働いているとしても、上手く物事が運ぶとは限りません。とくに、商売を営んでいると、「真面目に一生懸命に」だけでは、儲けることも繁盛することも難しいだけでなくて、現状維持することも困難な時代、それが現代なのだと思うわけです。

中小零細商工業者は政治の空白地帯

2012年6月末、民主党、自民党、公明党の三党が賛成して消費税増税法案が衆議院を通過しました。 民主党、自民党、公明党の三党が賛成しているのですから、参議院でも可決されて、消費税増税法案が成立するのは確実なのだと思います。

生活保護と火災報知機と

一般家庭でも、火災報知機の設置が義務づけられていると、最近、知りました。ですから、我が家は、火災報知機を設置していません。近々、家電量販店で火災報知機を購入して、設置するつもりです。

商売人ですから、インフレのほうが

少子高齢化が進行しているのに、若い人たちは就職難の真っ只中にあります。それなりの待遇で若い人たちを雇用できる職場が、非常に少なくなっているのだと思います。 日本のデフレ経済ですが、十数年の長きに渡って、現役で働く人たちの生活を圧迫し続けてい…

インフレ待望論

過去十数年間に渡って続いている日本のデフレ経済ですが、一向に終息する気配がありません。 もうそろそろ終息するだろうと、何回も何回も期待したのですが、そのたびに期待がはずれています。

改革よりも改善を

現在60歳ですから、私の人生に残された時間を考えると、革命的な社会システムの変更に適応するだけの時間は残っていません。これまでの60年間の人生経験が無駄になってしまうわけですから、社会システムの革命は、できるだけ避けて欲しいと考えます。

消費税増税に対するエカワ珈琲店の気持ち

エカワ珈琲店は商売を営んでいるわけですから、消費税の増税には反対です。そして、零細生業で低所得の自営業者ですから、社会保障税を含む公租公課の負担増にも反対です。

三光汽船と、これからの日本経済と

三光汽船が、事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)を活用し、経営再建を目指す方向で最終調整しているというニュースが流れています。三光汽船は、昭和40年代(1970年代)の後半、三光証券とも呼ばれていた海運会社で、海運業よりも株の取引で多額の…

中小零細企業や自営業者を優遇して経済発展を実現しよう

雇用の創出、これは間違いなく政府・行政の仕事なのだと思います。平成の始め頃、21世紀の日本は少子高齢化の影響で、労働力の不足が深刻化するだろうとマスコミが報じていました。 でも、21世紀に入って10年が経過した日本の雇用状況ですが、若い人た…

日銀、インフレ目標1%

米連邦準備制度理事会(FRB)に続き、日本の日銀もインフレ目標を設定しました。 日銀は2月14日、1%のインフレ目標と資産買い入れ基金の10兆円増額を決定したとするニュースが流れています。 そのニュースを受けて、為替相場は円安となり、東京株…

雇用の改善は自己雇用者倍増政策で

アメリカの失業率ですが、5ヶ月連続して改善中とのことです。リーマンショック後、大幅に落ち込んだアメリカ経済ですが、徐々に徐々に回復傾向にあるのだと思います。

消費税と商売人

「消費税」という税金ですが、私たち商売人に言わせると、これは間違い無く「売上税」です。 消費者の購買力に課税される税金では無くて、商品・サービスの付加価値に課税される税金です。

低所得階層と介護保険と

エカワ珈琲店が商売を営む和歌山市、街中の至る所にデイサービスの看板を掲げる施設が存在していて、介護産業花盛りの感があります。 介護産業花盛りですから、介護産業を支えている介護保険税も、毎年のように増額されます。 介護保険税は健康保険税と一緒…

官僚制的マーケティングと部族的マーケティング

予想通り、大阪市長選挙、大阪府知事選挙、ともに橋下代表の大阪維新の会が勝利しました。 パワーと影響力と管理能力を基本とする官僚制的マーケティングに、「大阪都構想」・「官への怨念」という共通の価値感を掲げた部族的マーケティングが勝利したダブル…

TPPと消費税

「TPP」という言葉と「消費税」という言葉、今、話題になっている言葉です。 「消費税」とは何なのか、大雑把にですが、何となく理解することができます。 でも、TPPという言葉については、ほとんど理解できていません。 そこで、インターネットにて、…

年金について、あれこれと

還暦を迎えます。 公務員として14年間働いていたので、共済年金を受給できます。 共済年金を受給するにも、共済組合への加入期間と国民年金の加入期間の合計が25年間以上必要です。

EU、金融取引税導入を提案

EU(ヨーロッパ連合)のパローゾ委員長は、9月28日、地域内の金融取引に課税する「金融取引税」を導入する法案を正式に提出したと、NHKのWEBニュースやブルーグバーグのWEBニュースが伝えています。

デフレだから円高になっているのかもしれません

円相場が東日本大震災の直後につけた戦後最高値(1ドル=76円25銭)を更新したのは、欧米政府の債務問題や世界経済の減速懸念で投資家の不安心理が連鎖的に拡大し、世界のマネーが「相対的な安全資産」とされる円に逃避したためで、根本的な原因が米欧…

民主党ブランドの崩壊

2年前の衆議院議員総選挙で、私は「民主党ブランド」を購入しました。 その民主党ブランドの価値ですが、僅か2年間で、特に、この1年間で急降下してしまったようです。 おそらく、民主党の経営をコントロールしている人たちの、「ブランド」に対する認識…

米アップル、シャープ亀山工場に10億ドル投資の可能性

ロイター発のYahooニュース(2011年8月7日)によると、米アップル社は、携帯電話「iPhone(アイフォーン)」やタブレット型端末「iPad(アイパッド)」に使うスクリーンの安定供給を確保するため、シャープの亀山工場に10億ドル(約766億…

米国債格下げと日本国の財政と

<米国債格下げ>金融市場は一時的混乱か 投げ売りの危険も] (毎日新聞、Yahooニュース/2011年8月6日) アメリカの格付け会社スタンダード&プアーズが、アメリカ国債の格付けを引き下げたので、世界の金融市場が混乱して、一時的にアメリカ国債が投売…

大卒2割、進路決まらず=就職率は61.6%

今春、4年制大学を卒業した学生のうち、進学しなかったり、正社員にならなかったりして、進路が決まらなかった人が19.4%の10万7134人。就職率は前年度比0.8ポイント増の61.6%で、文科省は「ほぼ横ばいで、依然厳しい状況が続いている」としている。 大…

日本はお金持ちだから円高になるのかもしれません

相変わらず円高が続いています。 政治の混迷、中央政府・地方政府の多額の借金、3月の大震災と福島原発の大事故、どのように考えても円高になる理由が理解できません。

お金の流れが変化しているようです

3月の大震災以降、お金の流れが大きく変化したのだと思います。 やはり貯金が必要だと考えて、誰もが不要不急の消費を抑制しているのだと思います。 経済のグローバル化の影響で、もう何年も前から、大企業の社員や公務員を除いて、収入の減少が続いていま…

雇用を作るのは、行政・政治の仕事だと思います

21世紀に入ってから、すごい勢いで経済のグローバル化が進行しているわけですから、大企業・中堅企業に雇用の確保・安定を期待するのは無いものねだりなのだと思います。 先進国と呼ばれている国々では、経済のグローバル化に対応しようとする企業のコスト…

チラシ激減でスーパーの利益率アップ

3月以降、全国的にスーパーの特売チラシが激減していて、その結果、スーパーの利益率がアップしているとのことです。

牛丼御三家、値下げでも業績好調のカラクリ

激しい値下げ競争を繰り広げている牛丼御三家ですが、業界トップの「すき家」を擁するゼンショーは、2011年3月の決算で日本マクドナルドの売上高を上回り、売上高で外食産業トップになりました。 利益も前年度よりも増加して、好調を続けているとのこと…

エカワ珈琲店は信用保証を受けられません。それが日本経済不振の原因なのかもしれません。

森永卓郎さんの「年収300万円時代を生き抜く経済学」がベストセラーとなったのは、もう8年くらいも前のことです。 我がエカワ珈琲店ですが、その頃の前後から、売り上げの急激な減少に見舞われ、廃業一歩手前のところまで追い詰められていました。年収3…

エネルギーの破壊的イノベーション

現在のエネルギー市場ですが、規模の経済の市場ですから、小規模なエネルギー企業が活躍することなど、まず有り得ない市場なのだと思います。 火力発電所、水力発電所や原子力発電所を建設して稼動させるには、莫大なお金と多数の人員が必要なわけですから、…

元気な商売を、もう一度

もう何年も前から、和歌山市内の個人経営の店、元気が無いように思います。 日本のデフレ経済の影響をもろに受けて、デフレ経営を続けています。 これは、和歌山市だけの現象では、無いのかもしれません。

中途半端で貧乏な商売人のデフレ対策

昭和の日本では、不器用でも貧乏でも、人の倍働けば、何とか人並みの稼ぎを手にすることができたのだと思います。 2011年の日本、10数年もの間、経済が停滞・衰退を続けているデフレ下の日本では、働いても働いても、中途半端な貧乏人は、その貧乏から…

公租公課の負担増がデフレの原因では

毎年、納税のシーズンになると、現役で働いている収入の低い人たちに課せられる公租公課の負担ですが、許容限度を突破してしまっているのではと考えてしまいます。 所得税を僅かしか払えない収入しかなくても、多額の健康保険税が課せられます。生活の拠点た…

児童虐待虐待防止法と児童福祉法と私化現象と

2008年4月施行の改正児童虐待防止法で、家庭裁判所の許可を得れば、児童相談所の職員による家庭への強制立ち入りが可能になったとのことです。また、2009年4月施行の改正児童福祉法で、保護師や助産師らが乳児のいる全家庭を訪問して、問題がある…

厚生労働省が公共の場は全面禁煙と自治体に通知

「飲食店は全面禁煙」厚労省、都道府県に通知(読売新聞) - goo ニュース(2010年2月25日) 2月25日、厚生労働省は地方自治体に、飲食店・娯楽施設・病院・官公庁施設などの不特定多数の人が自由に出入りできる公共の場については、原則として全面禁…