エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

エネルギーの破壊的イノベーション

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

現在のエネルギー市場ですが、規模の経済の市場ですから、小規模なエネルギー企業が活躍することなど、まず有り得ない市場なのだと思います。

火力発電所、水力発電所や原子力発電所を建設して稼動させるには、莫大なお金と多数の人員が必要なわけですから、資本力のある巨大企業でなければ、エネルギー事業を営むことなど考えられないのだと思います。

 

米国のエネルギー産業の歴史は、小規模なエネルギー企業が市場から駆逐され続ける歴史です。

大量生産・大量広告・大量消費の、規模の経済そのものです。

 

様々な、小規模のエネルギー企業が誕生しては、ことごとく消えて行きました。

それが、20世紀のアメリカの、エネルギー産業の歴史です。
 

ソフトウェアを開発する新興企業はたいてい、2人くらいが開発を行なう質素な部屋からスタートします。

シリコンバレーでは、そうした新興企業が世界を変えることも、実際に起こってきたわけです。
 

21世紀の現在、様々な産業で「破壊的イノベーション」が起こりはじめています。

電気エネルギー産業は、大規模な設備を必要とする装置産業だとされているのですが、電気エネルギー産業で「破壊的イノベーション」が発生する可能性もあるわけです。

 

「必要は、発明の母」ですから、近い将来、環境に優しくて効率的で簡単な自家発電装置が開発されることも、高性能の蓄電装置が開発されることも有り得ます。

 

 

www.ekawacoffee.jp