エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

液晶テレビ購入騒動

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

アナログ放送が終了するということで、この月曜日、デジタル放送に対応している日本メーカー製の液晶テレビを5万円で購入しました。

で、この液晶テレビです。

 

我が家のテレビ観賞は、原則、寝転がって行います。

テレビの設置は、場所の関係から、タンスの上になります。

 

寝転がって、タンスの上に設置した日本メーカー製の液晶テレビを鑑賞しようとしたのですが、画面が真っ黒です。

立ち上がって、真正面から鑑賞すると、美しい映像を見ることができます。

でも、ちょっと横の方からだと、白ぽくて薄い画面になってしまいます。

 

何故なのだろうと、インターネット検索で、その日本メーカー製液晶テレビについて調べてみました。

日本メーカー製液晶テレビのブランド名で販売されているのですが、そのブランド名の付いた液晶テレビにも、価格の安いものから価格の高いものまで、色々なタイプがあるみたいです。

 

我が家が購入した液晶テレビは、価格のやすいタイプのものです。

このブランドの価格の安いタイプの液晶テレビは、TNパネルという低価格のパネルを使っているので、真正面以外からだと画面が暗くなるみたいです。

 

どうも、液晶テレビの購入に失敗したようです。

液晶テレビの購入費用は5万円です。

失敗したと考えてあきらめるには、少々高額すぎます。

 

返品して、もう少し画面の見やすい液晶テレビと交換できないものかと考えました。

ものは試しと、液晶テレビを購入した家電量販店に電話で問い合わせると、返品に応じてくれるとのことです。

 

この液晶テレビのメーカーは、日本有数の液晶技術を誇る会社で、その液晶テレビのブランド名は、還暦間近の私でも知っています。

その「ブランドの液晶テレビ」なら、私たち夫婦の見えない希望を満足させてくれるに違いないと信頼して購入したのですが、そのブランドとメーカーに対する信頼が、この一件でどこかに飛んで行ってしまいました。

 

何故、そのメーカーが、自社を代表する液晶テレビのブランド名を使って、低価格だけれども品質の劣る液晶テレビを販売しているのか、私には全く理解できません。

アナログよりもデジタルの方が画面が美しいとされているわけですから、購入した液晶テレビが、それまで使用していたアナログテレビ以下の機能だとすれば、話しが違うと思ってしまいます。

 

メーカーとしては、お求めやすい価格だから、それなりの性能になるのが当たり前と考えているのかもしれませんが、もし、そうだとしたら・・・。

ブランドの崩壊なんて、ちょっとしたことがきっかけで始まるのだと思います。

でも、信頼を失って崩壊したブランドを立て直すには、ものすごい努力と時間が必要になるといわれています。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら