エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

シスターズ・コーヒー・カンパニー

 

今年(2011年)のアメリカやヨーロッパですが、毎日、毎日、経済に関する暗いニュースが報じられているようです。

その原因は、巨大な財政赤字にあるということで、財政赤字の削減が求められています。

 

日本では財政赤字を削減する方法として、増税が強調されています。

海の向こうのアメリカは、経費削減で対応しようとしています。

何はともあれ、何も対策を講じなければ、借金は螺旋状に増加して行く可能性もあると言われています。

 

巷では信用収縮が続いていて、その状態が、今後も何年間か続きそうな雰囲気になっています。

賃金の増加は凍結状態になっているというよりも、減少傾向にあります。

 

というように、海の向こうアメリカも、日本と同様、経済情勢は芳しくないと報じられています。

しかし、やはりアメリカはアメリカなのかもしれません。

 

思いもかけない出来事が契機となって、幸運にもビジネスに成功したという物語も、多数存在しています。

景気の悪い話ばかりの経済情勢に関わらず、ビジネスを成長させている中小企業が多数存在しているようです。

f:id:ekawa:20150127215226j:plain

そのような元気な成功物語ですが、アメリカのコーヒー業界にも多数存在しています。

オレゴン州ポートランドのシスターズ地区のSisters Coffee Company(シスターズ・コーヒー・カンパニー)は、最近(2011年8月)、新しい支店をオープンしています。

 

シスターズ・コーヒー・カンパニーは、Joy Durham(ジョイ・ダーラム)さんが1989年に設立したコーヒー豆の焙煎屋さんです。

ですから、コーヒー豆の焙煎とコーヒー屋稼業については、22年の経験を彼は持っています。

 

シスターズ・コーヒー・カンパニーは、創業当初から順調に成長を続けているわけではありません。

数年前までは、鳴かず飛ばずの田舎町のコーヒー屋さんだったわけです。

f:id:ekawa:20150127215413j:plain

成功の契機となったのは、6年前(2005年)の思い切った冒険だったそうです。

6年前(2005年)、Joy Durham(ジョイ・ダーラム)さんは、シスターズ地区に小さなコーヒーショップを開設しました。

 

その3年後(2008年)に、彼は支店をオープンさせました。

そして、今年(2011年)、3つ目のコーヒーショップをオープンさせています。

6年前(2005年)、シスターズ地区に小さなコーヒーショップを開設してからは、毎年20%を超える成長を続けているとのことです。

 

1989年、Joy Durham(ジョイ・ダーラム)さんは、毎月90kgのコーヒー豆を焙煎していました。

2011年、シスターズ・コーヒー・カンパニーは、毎月数トンのコーヒー豆を焙煎しているとのことです。

 

景気の悪いニュースで溢れているアメリカですが、そのような経済情勢に負ける事無く、中小企業は頑張っているみたいです。

シスターズ・コーヒー・カンパニーが、それを証明しています。

 

我がエカワ珈琲店も、シスターズ・コーヒー・カンパニーとほぼ同じ頃、日本の田舎町の和歌山市でコーヒー豆の自家焙煎を開始しました。

それから20年以上の年月が経過しているのですが、鳴かず飛ばずの状態が続いています。

 

でも、シスターズ・コーヒー・カンパニーの物語を知って、元気をもらうことができました。

我がエカワ珈琲店も、ちょっとした事が契機となって、繁盛店の仲間入りができる可能性もあるわけですから。

 

【参考】

 

【スポンサー】


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら