エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ジャカルタのコーヒー文化は絶好調

 

21世紀に入ってからのインドネシアですが、内需を中心にした経済成長が続いています。
経済に勢いのある国では、喫茶店商売にも勢いがあるのかもしれません。

インドネシアの英字新聞、ジャカルタ・グローブ(Jakarta Globe)は、ジャカルタの喫茶店の好調な様子を伝えています。

 

f:id:ekawa:20150121082215j:plain

過去10年、インドネシアの経済が順調に成長を続けていますが、インドネシアのコーヒー文化も順調に発展しています。

日本の1960年代、1970年代の喫茶店の隆盛を思い出させてくれます。

 

かつて、輸出専用の特別な飲み物だと考えられていたコーヒーですが、現在のジャカルタでは、完全に日常的な飲み物となっています。

 

スターバックスなどの国際的な喫茶店チェーンや、インドネシアの人が営む喫茶店と、ジャカルタには、数多くの喫茶店が存在しています。

その喫茶店で、ジャカルタの人たちは、くつろぎのひと時を過ごしたり、ビジネスに利用したり、友人と語り合ったりしています。

 

インドネシアのコーヒー文化の発展には、もう一つの副産物があります。

高品質のコーヒーは輸出用で、インドネシア国内では低品質のコーヒーが流通していたのは昔の事で、現在のジャカルタのコーヒーの品質は、以前とは比べ物にならないくらい向上しています。

 

現在のジャカルタの喫茶店は、高品質のコーヒーをレベルの高い接客で提供しています。

英字新聞、ジャカルタ・グローブ(Jakarta Globe)は、そのジャカルタで、いま評判の地元の喫茶店を3店舗紹介します。

3店舗とも、店内にて、インターネットを使うことができるみたいです。

 

まず、Bakoel Koffieです。

植民地時代に創業、それ以来、家族で営んでいる喫茶店で、植民地風の室内装飾と調度品で有名な店です。

 

ANOMALI COFFEEは、ハイクォリティーなインドネシアのコーヒーショップです。

インドネシア産のコーヒー豆だけを扱っていて、あの有名なジャコウネコのコーヒーもあります。

 

Kopitam Oey coffee shopはオリエンタル風の喫茶店です。

ビンテージ物(時代を感じさせる)のインテリアデザインで有名な、レトロな喫茶店です。

厳選したコーヒー豆で淹れるコーヒーだけでなくて、伝統的な料理であるフレンドバナナなどもメニューに載っています。
 
【参考】

 

【スポンサー】


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら