エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

人間ドック

  

   

 

 

今日(2011年9月16日・金曜日)の午前中、21年ぶりに「人間ドック」を受診しました。

心電図の検査、採尿、採血、胸のレントゲン検査、バリウムを使う胃腸のレントゲン検査、エコーによる内臓検査と、約2時間の検査を受診しました。

 

21年間、一度も医療機関の検査を受診したことが無いので不安だったのですが、還暦(60歳)を迎えるという事で、思い切って「人間ドック」を受けることにしました。

詳しい結果は後日送付されるとのことですが、胸と胃腸のレントゲン検査とエコーによる検査、それに採尿検査については、ほぼ問題無しということで、ほっとした次第です。

 

ただ、肝臓に少し脂肪肝が存在するとのことです。
私はアルコールは全然ダメですから、糖と脂肪の取り過ぎと運動不足が原因しているのかもしれません。

ということで、明日からは糖と脂肪の摂取を少しだけ抑えることにして、毎日の運動量を増やすことにします。

 

私の住む和歌山市ですが、国民健康保険の加入者が「人間ドック」を受診するについては、2万円の補助が出ます。

この制度を利用して、自己負担1万5000円也で「人間ドック」を受診しました。

 

その昔、生活苦から国民健康保険税の支払いが滞って、国民健康保険証の交付を役所に拒否されたことも、支払いを滞っている人たちを対象とする保険証を交付されて、医療機関に警戒されたこともあります。

 

当時、「中途半端な貧乏人」だった私は、医療機関のお世話になることなどありませんでした。

「人間ドック」を受診するお金も無かったし、簡単な健康診断であっても、何か健康上の問題が見つかるのが怖くて受診することなどできませんでした。

 

もし、健康上の問題が見つかれば、それで万事休すで、多くの人に迷惑をかけることになるからです。

当時は、大病を患った経験を持つ妻だけが、時々、医療機関のお世話になっていました。

 

現在のエカワ珈琲店は、「中途半端な貧乏人」の状態からは脱出しています。

年金で生活している人たちと同じくらいか、それ以上の生活レベルを維持できるだけの稼ぎがあります。

 

でも、それくらいの稼ぎですから、それほど忙しく働いているわけでもあります。

医療機関のお世話になる時間は、たっぷりと持っています。

 

ということで、最近は、国民健康保険証をものすごく有意義に使わせてもらっています。

「中途半端な貧乏」の状態にあるということは、何かにつけて「損」をするものだと、その昔を思い出している今日この頃です。

 

現在のエカワ珈琲店は、中産階級の末端に何とかしがみついています。

もう二度と、「中途半端な貧乏」の状態に戻りたくありません。 

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら