エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

より小規模に、より少ない資金で

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

同じカテゴリーの商売であっても、20世紀の時代には考えられなかった簡単な方法で、お金がを稼げる時代が到来しつつあるようです。

20世紀の時代なら、相当な資本を投入する必要があったカテゴリーの商売を、21世紀の現在、相当な小資本でもって営むことができるようになっているのだと思います。

 

オマケつき!マーケティング

オマケつき!マーケティング

 

 その昔、エカワ珈琲店が自家焙煎コーヒー豆小売販売を開始した頃、「ダイエー+グリコ商法」を採用して、売上を急拡大させたことがあります。

 

メジャーな環境で歌手デビューしていないロックバンドであっても、自分たちのコンサートを、自分たちで開催することができます。

自分たちでコンサート会場を借りて、オンラインでチケットを販売すれば、そのロックバンドのコンサートに1ドル85セントを消費するお客さんが相当数存在しているかもしれません。

 

そうすると、コンサート会場のチケット売り場、チケットマスター(チケット販売専門サイト)、ステージハンド(コンサート会場の裏方さん)、興行主(プロモーター)など、ロックバンドがコンサートを開催するのに必要としていた仕事への出費が消滅することになります。

 

販売価格20ドルのハードカバーの本についても、同じような事が考えらるのだと思います。

半分の10ドルは書店の取り分です。

出版社も、出版のリスクに見合った取り分を確保しなければなりません。

それに加えて、出荷などの流通経費が必要です。

そうすると、著者に支払われる報酬は、僅か2ドル程度になってしまいます。

 

それが電子書籍のシステムを利用すると、中間的な仕事の部分が消滅するので、著者の取り分は14ドルと、約7倍になります。 

 

美容師さんは、WEBサイトを制作することで、店舗への投資をしなくても、出張美容室を営むこともできます。

WEBサイトを通じて、お客さんと交流することで、お客さんの家や職場に出向いて美容業務を行うことができます。より少ない投資で、効率的にお金を稼ぐことができます。(日本国内では、店舗が絶対に必要だという法律があるので無理ですが・・。)

 

紙の新聞を発行するには、新聞記者や広告担当者だけでなくて、制作オフィス、印刷工場、配送車両などの設備や、そこで働くスタッフ、それに販売のためのスタッフが必要です。

でも、インターネットを利用した新聞ならば、新聞記者や編集者、広告担当者、それとWEBサイトの管理スタッフが揃っていれば新聞を作り、配信・公開することができます。

小額の投資、少数のスタッフで、紙の新聞よりも多くの付加価値を生み出すことができます。

 

以上、セス・ゴーディンさんのブログからの引用です。

同じカテゴリーの商売であったとしても、インタヘネットの普及によって、その中間部分の仕事が消滅しつつあるのだと思います。

 

先進国と呼ばれている国々では、より少ない資本で、より多くの付加価値を生み出すビジネスの時代になっているのかもしれません。

考えて見れば、グローバル経済のもと、高コスト体質の先進国で生き残って行くには、付加価値の高い商売を営む必要があるのかもしれません。

 

より少ない資本で、より多くの付加価値を生み出そうとするわけですから、そのような新しい仕事のシステムが普及するまでは、雇用も設備投資も減少するのは避けられない事なのかもしれません。

だとすると、先進国の不況対策で一番必要なのは、新しい仕事のシステムを普及・発展させるための社会的環境の整備ということになるのだとエカワ珈琲店は考えています。