江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

TPPと消費税

「TPP」という言葉と「消費税」という言葉、今、話題になっている言葉です。

「消費税」とは何なのか、大雑把にですが、何となく理解することができます。

でも、TPPという言葉については、ほとんど理解できていません。

そこで、インターネットにて、少しだけですが、TPPについて調べてみました。

 

「TPP」とは、環太平洋戦略的経済連携協定のことで、加盟国間の関税や非関税障壁を撤廃・自由化する協定で、シンガホール、チリ、ブルネイ、ニュージーランドの4カ国が加盟国なのだそうです。

 

この「TPP」に、アメリカ、オーストラリア、ペルー、ベトナム、マレーシアが参加を表明していて、日本も参加を検討しているとされています。

そして、アメリカと日本が参加すれば、実質的に、日本とアメリカの自由貿易協定になると考えられています。

 

関税と非関税障壁の撤廃・自由化ということですが、それでは「消費税」はどうなるのだろうかと考え込んでしまいました。

ある通信販売事業者が「消費税」の発生しない地域を拠点にして、加盟国の消費者をターゲットに商品を販売した場合、どうなるのだろうかと考え込んでしまったわけです。

 

アメリカは、州によって消費税の税率が異なっているのだそうです。

通信販売事業者は、消費税が非課税の州を拠点にして、消費税を必要としない商品をアメリカ全土に販売していて、それが、通信販売事業者躍進の原動力になっているという話を読んだことがあります。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら