エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ファイアーカスタマーズにさようなら

  

   

 

 

経験から、理不尽な要求をするお客さんをリピーターにしてしまうと、商売の生産性が下がってしまうのだと思います。
商品やサービスの価値を理解してくれないお客さん、わがままで横柄な態度のお客さんをリピーターにしてしまうと、時間的、精神的、金銭的な損失が発生するのだと思います。

 
理不尽な要求をするお客さん、ようするに、 Fire(火種)を持ったCustomers(お客さん)を相手にすると、商売の生産性が下がってしまうのだと思います。
ですから、お客さんは選別させて頂く必要があるのだと思います。
自分たちにとって都合の良いお客さんだけを対象に商売を営むことができれば、商売の生産性も向上させることができるのだと思います。
 
零細な商売人は、自分の商売に悪影響があるかもしれないと恐れて、理不尽な要求をするお客さんであっても丁寧に対応することが多々あるのだと思います。
でも、それは間違っているのだと思います。

理不尽なお客さんに丁寧な対応をすることで、他のお客さんへの対応がおろそかになってしまう可能性が大きくなります。
理不尽なお客さんは儲けさせてくれませんが、そうでないお客さんはそれなりに儲けさせてくれます。
 
零細な商売人には、ファイアーカスタマーに対応している余裕など無いのだと思います。
理不尽な要求をするお客さんは、不特定多数のお客さんをターゲットとしている規模の大きな事業者に任せるべきだと思います。
 
零細な商売人は、特定のお客さん、接客していて楽しいお客さんだけをターゲットに商売を営むべきだと思います。
理不尽な要求をするお客さんに対応する時間を、自分たち好みのお客さんのために使ったなら、楽しく気持ち良く働くことができて、商売の生産性も向上するのだと思います。
 
零細な自営業者の場合、楽しく気持ちよく仕事をすることができなくては、働いている意味も半減してしまうのだと思います。
何はともあれ、零細な商売人は、ファイアーカスタマーズとさよならしなければ、何れ商売が成り立たなくなってしまうのだと思います。
 
【参考】


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら