エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ブームが続く韓国のコーヒー市場

  

   

 

 

現在、韓国のコーヒーマーケットは活況を呈しています。
韓国国際貿易協会の資料によると、2011年1月から2011年10月までのコーヒー豆輸入金額は約5億ドルとなっています。

 
2010年の1年間のコーヒー豆輸入金額は約3億ドルだったわけですから、韓国のコーヒー市場が急激に拡大していることが理解できます。
 
2011年の秋にソウルで開催されたコーヒーショーには、何千人もの人々が会場にやって来ましたが、その大半は25歳以下の若者でした。
そのことからも、韓国コーヒー産業の明るい未来を予感することができます。
 
喫茶店を舞台とする韓国のテレビドラマ「コーヒープリンス1号店」は、中南米の国々で放映されています。
2010年に放映が開始されたメロドラマ「コーヒーハウス」は、「ワン・カップ・オブ・コーヒー」というヒット曲を生み出しました。
 
韓国ではグルメコーヒーに注目が集まっていて、コーヒーの専門家に対する需要が高まっています。
しかし、韓国の人たちは、コンビニエンスストアーで購入する缶コーヒーも好んでいます。
 
韓国のコーヒーの専門家たちは、コーヒーの新しい香味を貪欲に追求しています。
たとえば、韓国の食事から引用した生姜のフレーバーコーヒーなどは、韓国独自のフレーバーコーヒーです。
 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら