読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

コーヒーを淹れるのに使う水は、軟水か硬水か・・・

淹れたコーヒー(コーヒー浸出液)の99%は水ですから、一番重要なコーヒー(コーヒー浸出液)の成分は水(使用する水)だと言われています。そして、水に含まれているミネラル成分は、コーヒー(コーヒー浸出液)の色や味覚に影響を与えると言われています。

 

 

飲料水には、ミネラル成分(マグネシウムかカルシウムなどの鉱物)など色々なものが溶けています。

そして、ミネラル成分を多く含んでいる水を硬水(水の硬度が大きい水)、それほど含んでいない水を軟水(水の硬度が小さい水)と呼んでいるのだと思います。

硬水と軟水、どちらがコーヒーを淹れるのに適しているかは好みの問題だと思いますが、エカワ珈琲店は、コーヒーを淹れるのに適している水は軟水だと考えています。

 

コーヒーを淹れる時に水の硬度や温度が違うと、淹れたコーヒーの香味も大きく違って来ると言われています。

コーヒーの苦味成分は、軟水には溶解し難くて、硬水には馴染みやすいと言われています。
マイルドなコーヒーが好きなら軟水で、苦味の強いコーヒーが好きなら硬水でコーヒーを淹れるのがベターなのかもしれません。