読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和40年/悲しき願い

昭和

『悲しき願い』、尾藤イサオが歌ったこの曲が流行っていたのは、私の中学時代のことです。
昭和40年、中学2年生の頃の事だと記憶しているのですが、定かではありません。
「誰のせいでもありゃしない、みんなオイラが悪いのさ」は、当時、私が通学していた中学校で流行語となっていました。

 
で、『悲しき願い』をネット検索で調べてみると、イギリスのロックバンド・アニマルズの楽曲のカバーとあります。
当時の私(エカワ珈琲店の店主)は、そのようなことは、全く知らなかったわけです。
 
尾藤イサオさんですが、ウィキペディアによると1943年11月生まれとあります。
だとすると、昭和40年(1965年)当時で22歳ですから、2009年2月現在では65歳になっているはずです。
 
でも、ユーチューブにUPされている動画を見ると、ものすごく若々しくて、とても65歳のおじさん(おじいさん)が歌っているようには見えません。
あの若さを保つには、大変な努力が必要だと思うのですが、信じられないくらいの若々しさを保っています。
すごいの、一言しかありません。
 
昭和40年、オリンピック景気の反動で、世の中、不景気の風が吹いていました。

 
【2009年11月14日記】