読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和50年/ヴァンジャケット

昭和

1960年代、1970年代と、一世を風靡したアイビーファッションの雄『ヴァンジャケット』は、昭和26年に大阪で、後にファッションの神様と呼ばれる石津謙介によって創業されました。

ヴァンジャケットは順調に業績を伸ばして、昭和30年には本格的な東京進出を果たします。

 

男性向けアイビー・ファッションを引っさげて颯爽と登場した、石津謙介のヴァンジャケットは、マスコミへの露出、ネーミングの巧みさと、卓越したマーケティング戦略を駆使して、『VAN』という男性ファッションのブランドを確立していきました。

 

大卒の初任給が1万2千円だった時代に、1万2千円から1万8千円のジャケットが飛ぶように売れたという、伝説的なブランドが『VAN』だったわけです。

 

1960年代、若い男性の憧れのブランドとして急成長したヴァン・ジャケットは、1970年代に入っても売り上げを急激に増やし続けていたのですが、強気一辺倒の営業姿勢も災いして、売れ残り在庫が膨らんでいました。

その売れ残り在庫を処分するために、頻繁にバーゲンセールを実施するようになって、ブランドへの信頼性を失墜させていきます。

 

資金ショートを防ぐために、総合商社の出資を仰いだりしたのですが、昭和53年(1978年)4月6日、約500億円の負債をかかえて、東京地方裁判所に会社更生法を申請しました。

ヴァンジャケットの年商のピークは、昭和50年(1975年)の450億円でしたが、この年商は、相当な無理をして達成した金額だったみたいです。 

 

高級ブランドの売り上げ限界に挑戦する、『命がけの跳躍』に失敗した結果としてのブランド崩壊でした。

 

【参考図書】

『VANストーリーズ(石津謙介とアイビーの時代)』集英社新書、著者は宇田川悟さんです。

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら