エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

エカワ珈琲店にインターネットがやって来た

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

★インターネットがやって来た

2002年の5月、富士通製(windows98)の中古パソコンを、知り合い経由で、ヤフーオークションを利用して購入しました。

それと同時に、JCOMネットに加入したので、その月からインターネットを利用できるようになりました。

 

インターネット体験は初めてですから、「ああでもない、こうでもない」とイライラしながら手探りで経験を積んで行きました。

その頃、インターネットを利用するコーヒー豆の通信販売に注目が集まっていて、エカワ珈琲店もサイトを作りたいと考えていました。

エカワ珈琲店がインターネットを導入した目的は、自店のサイトを立ち上げるためでしたから。

 

低価格で簡単なサイト作成サービスの存在しなかった時代です。

サイトの制作を外注委託するには、多額の費用が必要な時代でした。

エカワ珈琲店は貧乏なコーヒー屋ですから、サイトを外注委託するお金がありません。

 

ということで、エカワ珈琲店のサイトを自前で制作することにしました。

でも、HTML言語の使い方がわかりません。

ハウツー本を買ってきて勉強したのですが、結局は、脱サラ前の職場で一緒に働いていた元同僚の助言もあって、ホームページビルダーを使って自前のサイトを制作することにしました。

 

5月、6月、7月と、インターネット経験を積み重ねて、8月の初め頃から「エカワ珈琲店のサイト」の制作を開始しました。

そして、一ヵ月後、9月の初め頃、『エカワ珈琲店のホームページ』という表題のサイトの公開にこぎつけました。

サーバーは、JCOMのサーバーです。

 

★エカワ珈琲店のホームページ

『エカワ珈琲店のホームページ』は、ホームページ・ビルダーを使って作成した自前のサイトで、エカワ珈琲店が管理しているサイトでした。

いつでも、お金の心配をすること無く、好きなように編集・変更することができます。

 

エカワ珈琲店の紹介や私たちスタッフ(夫婦2人だけですが)の自己紹介、商品の紹介、コーヒー豆の配達や通信販売の案内を掲載するだけでは物足りないので、エカワ珈琲店のコーヒーに対する思い込みやうんちくも掲載することにしました。

 

また、それにプラスして、「純喫茶コロナ物語」や「昭和メモリー」といった思い出話の雑文も掲載することにしました。

『エカワ珈琲店のホームページ』のコンテンツに触れて頂いて、興味を持ってくれた方に、エカワ珈琲店のコーヒー豆を半分お義理で買って頂く、という紙芝居的な商売を模索したわけです。

 

★通信販売

サイトを立ち上げた当初、商品購入用のフォームの作り方が解らなかったので、単純にメールを利用して注文を受注できるようにしていました。

そして、2003年の9月、サイトを公開してから1年が経過して、見よう見まねで商品購入用の簡単なフォームを作成しました。

 

その頃から、一ヶ月に一件くらい、インターネット経由でコーヒー豆の注文が舞い込むようになりました。

サイトを立ち上げれば、ただそれだけで、簡単に通信販売でコーヒー豆が売れると単純に考えていたのですが、それは思い違いだったわけです。

 

でも、サイトを立ち上げてから僅か1年で、宣伝も何もしていないのに、見知らぬお客さんがコーヒー豆を注文してくれて、その代金を支払ってくれるのですから、サイトを立ち上げているコーヒー屋さんが少なかったのだと思います。

10年以上前のことですが、今は昔で、古き良き時代だったのかもしれません。

 

当時、SEO対策に夢中になったものです。

当時のエカワ珈琲店の販売価格は相当に低価格でしたから、検索でヒットすれば、インターネット経由でコーヒー豆を買ってくれるお客さんも、それなりに存在していたのだと思います。

 

現在、インターネット利用でエカワ珈琲店のコーヒー豆を購入してくれている県外のお客さんの大半は、2003年~2005年頃からの常連のお客さんです。

 

★クラウドサービスの利用

2006年、フィットネスクラブの知り合いに進められて、通信販売については『おちゃのこネット』を利用することにしました。

『おちゃのこネット』を利用することで、比較的に簡単に、そして低価格で、自前の商品販売用のカートシステムと、他店並みのショッピング・サイトを手に入れることができました。

 

それに、クラウド・サービスですから、データの管理は『おちゃのこネット』がしてくれます。

データ管理の手間が省けて、セキュリティーのレベルも向上しました。

 

『エカワ珈琲店のホームページ』は、エカワ珈琲店の紹介とコーヒーに関するエカワ珈琲店のうんちく、それと「純喫茶コロナ物語」・「昭和メモリーズ」などの落書きを中心に構成することにして、商品情報については、『ショッピング・サイト』に移行させました。

 

また、2005年の秋から、gooブログで『エカワ珈琲店の出来事』というブログを始めました。

ブログの各記事に、エカワ珈琲店の各サイトへのリンクを貼れば、SEO対策になるということで、幾つものブログを開設したものです。

 

2008年、エカワ珈琲店の案内・紹介については、飲食店向けのクラウド・サービス『グーペ』を利用することにしました。

クラウドサービスを利用するほうが、サイトの作成が簡単で便利ですから。

 

そして、『エカワ珈琲店のホームページ』は『珈琲情報館』と表題を変更して、「コーヒーに関するうんちく」を掲載することにしました。

また、OCNのサーバーを使って、『wakayama on the web』という表題のサイトを立ち上げ、「純喫茶コロナ物語」・「昭和メモリーズ」などの落書きを、こちらのサイトに移行させました。

 

2012年9月から、おちゃのこネットを利用して、もう一つのショッピングサイトを立ち上げました。

今までの通信販売用のサイトは、常連のお客様専用の会員制サイトに変更して、新しいお客様には、そのショッピングサイトを利用していただくことにしました。

 

そして、そのショッピングサイトで何度か買い物をして頂いたお客様を、会員制ショッピングサイトにご招待するシステムを採用しています。

何回も、何回も、通信販売で痛い目にあった経験からのシステム変更です。

 

★そして今

2011年の秋、Jimdoのクラウドサービスを利用して、『エカワ珈琲店のホームページ』を立ち上げました。

現在のエカワ珈琲店の玄関サイトは、このサイトです。

 

『エカワ珈琲店のホームページ』を立ち上げたのに伴い、2012年の5月、グーペで立ち上げたサイトを解約しました。

『珈琲情報館』は、2012年8月、『Ekawa Web』と表題を変更しました。

OCNのサーバーを使っている「Wakayama on THe Web」は、閉鎖しました。

 

★リンク

 エカワ珈琲店のホームページ

 EKAWA WEB

 エカワ珈琲店のショッピングサイト

 エカワ珈琲店の出来事(このブログです)

 珈琲

 喫茶店or珈琲商売

 コーヒー用語/珈琲用語