エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

技術や品質と物語

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

水道を修理する職人さん、屋根の修理をする職人さん、電気工事の職人さんは、修理・修繕の技術を売っています。

彼らは依頼を受けて家にやって来て、修理・修繕が終了すれば帰って行きます。

 

コンサルタントやお医者さん、それに政治家は、物語を運んで来てくれます。

その場、その場だけの付き合いではなくて、時間を費やして信頼関係を構築して行きます。

そして、何が起こっているのか、何をどのようにすれば有効なのかという物語を伝えてくれます。

 

エカワ珈琲店は、コーヒー豆を焙煎する技術と品質について、相当な自信を持っています。

でも、その焙煎したコーヒー豆は飛ぶように売れているわけではなくて、何とか生活を維持できるくらいの売り上げしかありません。

もしかしたら、焙煎コーヒー豆という商品は、技術・品質に留意するだけでは売れない商品なのかもしれません。

 

62歳のおじさんと54歳のおばさんが営んでいる零細生業パパママ店であるエカワ珈琲店も、お客さんに物語を提供して信頼関係を構築する必要性を痛感しています。

ということで、その一つの試みとして、マンツーマンのコーヒー教室を実施しています。

 

【参考】

Seth's Blog: The cure or the story?