エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

第2の波の最初の担い手ピーツコーヒーが

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

コーヒー第2の波の最初の担い手だったアメリカ西海岸のピーツコーヒーが、喫茶店舗の拡大とコーヒー豆小売の増大を目指して色々な取り組みをしています。

ピーツコーヒーの大株主であるドイツの投資企業は、カリブコーヒーも傘下に入れています。

その関係からかもしれませんが、閉鎖されたカリブコーヒーの喫茶店舗が、ピーツコーヒーの喫茶店舗に模様替えしていると伝えられています。

 

最近、ピーツコーヒーは、オンラインビジネスを強化するために、オンライン広告専門の広告代理店レイザーフィッシュと契約を締結して、新しい試みを開始したと伝えられています。

それは、実績ペースで課金されるシステムで、電子商取引に革命を起こす可能性もあるシステムだと伝えられています。

 

レイザーフィッシュは、デルタ航空、ユニリーバー、サムスン、ケロッグ、マクドナルドなどをクライアントに持つデジタル広告のパイオニア的な広告代理店です。

 

ピーツコーヒーは、1998年、通信販売で100万ドル以上の売上を誇っていました。

その後、同業他社の追い上げにあって、その成長スピードはゆっくりとしたものになっています。

ピーツコーヒーとレイザーフィッシュの電子商取引における新しい試みが、その成長スピードを速める可能性があります。

 

レイザフィッシュとピーツコーヒーの契約締結は、2014年3月24日に発表されました。

その新しい試みは、レイザーフィッシュの西海岸のオフィスで開始されているとのことです。

レイザーフィッシュは、ピーツコーヒーの電子商取引に成功をもたらすために、日々、責任を共有すると発表で語っています。

 

【参考】

Daily Coffee News by Roast Magazine – Peet’s and Razorfish Create Groundbreaking Model for E-Commerce

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら