エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

ダイニチ工業のコーヒー豆焙煎機カフェプロ

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

金銭的に余裕があれば、エカワ珈琲店も購入したいと考えている商品です。

その昔(20数年前)、エカワ珈琲店が自家焙煎コーヒー豆の小売販売を開始した頃、学習参考書の学研から発売されていた全自動のコーヒー豆焙煎機を使っていました。

ユーカスという商品名の焙煎機で、焙煎時間が20分~30分くらい、焙煎できるコーヒー生豆の重量は400g~500g、価格は40万円~40数万円だったと記憶しています。 

 

「煎りたてで、香りが良い」ということで、その「ユーカス」で焙煎したコーヒー豆が近所の事務所の人たちの間で好評を博して、最終的に「ユーカス」を3台購入して、それでも需要に間に合わないということで、富士珈機の5kg直火型のコーヒー豆焙煎機を購入しました。

価格は、据付費用なども含めて150万円くらいで、「ユーカス」3台分とほぼ同じくらいだったと記憶しています。

 

2014年の現在、日本製で電気式・自動制御のコーヒー豆焙煎機はということでネット検索をすると、300万円以上もするコーヒー豆焙煎機と、ダイニチ工業のカフェプロがヒットします。

価格は9万円くらいと、こちらの方はお手頃です。

外国製の同タイプのコーヒー豆焙煎機は、数万円~十数万円の価格設定で販売されているわけですから・・・。

 

ダイニチ工業は新潟市に本社工場を持つ会社で、石油ファンフィーターで知られている会社です。

エカワ珈琲店で使っている石油ファンフィーターも、ダイニチ工業の製品です。

 

カフェプロには「焙煎・粉砕・コーヒーメーカー機能付き」と「焙煎機能のみ」の機種がありますが、エカワ珈琲店が購入するのなら「焙煎機能のみ」の機種になると思います。

(エカワ珈琲店店主の連れ合いの母親が「焙煎機能のみ」のカフェプロを購入しています。メーカーの通販サイトから直接購入しました。)

 

「楽天で購入するなら」ということで、『はてなブログ』の楽天商品紹介を利用してアフリエイトリンクを貼っておきます。

 

「アマゾン」でも売っています。『はてなブログ』のアマゾン商品紹介を利用してアフリエイト広告を貼っておきます。 

ダイニチ コーヒー豆焙煎機 MR-101 (電気式)

ダイニチ コーヒー豆焙煎機 MR-101 (電気式)

 

 

 

追記/2017年2月24日

知り合いが購入して使っています。煎り上がりについては満足しているのですが、チャフをフルイなどを使って除去しなければならないので、チャフコレクターが付いていればと語っていました。