エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和39年/平凡パンチ

  

   

 

 

1964年5月、平凡パンチという雑誌が創刊されました。
日本初、若い男性向け生活支援型週刊誌の誕生でした。
1964年、昭和39年といえば、東京オリンピックが開催された年です。
日本経済が、ものすごい勢いで成長していた時代です。

 
私は、おとなしくて引っ込み思案で晩生(おくて)の中学1年生でしたから、もちろん、平凡パンチの存在など、創刊当時はまったく知りませんでした。
その頃、普通の中学生が読む雑誌には、少年マガジン・少年サンデー・中一コース・中一時代などがありました。
私も、普通の中学生でしたから、それらの雑誌を愛読していました。
 
高校生になってからは、時々にですが、親に隠れて、平凡パンチを購入するようになりました。
そのころになると、平凡パンチの成功に誘発されて、週刊プレイボーイやF6セブンといった男性週刊誌も発行されていましたが、何故か平凡パンチを購入していました。
 
高校を卒業してからは、正々堂々と、平凡パンチを毎週購入していました。
その頃の平凡パンチには、ものすごい勢いがありました。
広告を出稿するのに数ヶ月待ちが当たり前だと、何かの雑誌で読んだ記憶が残っています。
 
平凡パンチを欠かさず愛読していたのは、20歳を少し越したくらいまでです。
いつの頃からか、感覚が合わなくなってしまって、平凡パンチから離れてしまいました。
 
今から考えると、平凡パンチという週刊雑誌は、当時20歳前後だった若者に、あの時代の風を送ってくれていたのだと思います。
そして、その風を感じなくなった時点で、平凡パンチを卒業したのだと思っています。
 
【2006年5月19日記】

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら