エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

イオンモール和歌山ショック

 

今年(2014年)の4月、5月、6月と、エカワ珈琲店は相当な売り上げ減少を経験しました。

顔面蒼白となる程度の売り上げ減少だったわけですが、先週あたりから徐々に回復しつつあります。

売り上げ減少の原因ですが、消費税の影響は考え難いので、3月に開店したイオンモール和歌山の影響だろうと考えています。

f:id:ekawa:20140702185406j:plain

 

店舗販売の売り上げ減少だけなら色々な原因を想像できるのですが、通信販売の売れ上げも相当大幅に減少しています。

通信販売のお客様の大半は和歌山市とその周辺の市や町のお客様ですから、イオンモール和歌山の商圏と重なっています。

その通信販売で、相当大幅に売り上げが減少したのですから、イオンモール和歌山が影響しているのだろうと考えるのが自然なのだと思います。

 

イオンモール和歌山には、コーヒー豆の小売専門店が出店しているわけですから、その店が相当量のコーヒー豆を売りさばいたのだと思います。

先週あたりから売り上げが徐々に回復しつつあるので、エカワ珈琲店については、イオンモール和歌山ショックが解消に向かいつつあります。

 

イオンモール和歌山ですが、平日や夜間の混雑については、それほどでもなくなってきているのだと思います。

イオンモール和歌山の混雑が解消するのと平行して、和歌山市の中心市街地に立地する飲食施設の客足に変化が現れているように見えます。気のせいかもしれませんが。

もしかしたら、若い人たちの飲食施設需要が、中心市街地から映画館を持つイオンモール和歌山の飲食施設に移動しているということも有り得ます。

f:id:ekawa:20140702185531j:plain

【ダイワロイネットホテル】

 

昭和の時代の和歌山一の繁華街、本町4丁目界隈ですが、オークワ系のショッピングモールやショッピングセンターなどの郊外型商業施設との戦いに敗れて、閑散とした状態になっています。

f:id:ekawa:20140702190428j:plain

【本町4丁目界隈】

 

和歌山市で一番地価の高い場所だとされている和歌山駅前の近鉄百貨店とその周辺だけは、何とか商業地域の面目を保っているようですが、それほど人通りが多いわけでもありません。

大型駐車場を持つ近鉄百貨店と、その隣のファションビルとホテルだけが何とかお客さんをつなぎとめているのだと思います。

f:id:ekawa:20140702190830j:plain

【和歌山駅方面】

 

和歌山市の中心市街地の消費需要は、オークワに代表される郊外型商業施設に、ほぼ吸い取られてしまっていたのだと思います。

そこにイオンモール和歌山がやって来て、中心市街地に僅かに残っている消費需要をさらに吸い取りつつあるわけですから、和歌山市で小規模・零細の商業(マイクロビジネス)を営むなら、相当なフットワークを持つ必要があるのかもしれません。

 

イオンモール和歌山は、巨大な商業施設でマーケティングにも優れている商業施設なのだと思います。

施設規模を考えると、和歌山市とその周辺の市や町の消費需要を相当程度吸い上げなければ、施設規模を維持することができないはずです。

和歌山市の中心市街地の消費需要を吸い上げるだけでは商売が成り立たないのは誰の目にもあきらかですから、オークワ系の商業施設とイオンモール和歌山の壮絶な戦いが、これから始まるのかもしれません。