Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

シャルマンフジスマート和歌山城公園

和歌山市雑賀屋町3番地に建設が予定されている分譲マンション「シャルマンフジスマート和歌山城公園」の建設が、2014年7月1日から始まりました。

神田病院の跡地500数十坪の土地に、地上15階建て、100戸の分譲マンションを建設するとしていた「分譲マンション和歌山市雑賀屋町計画」が現実化したわけです。

f:id:ekawa:20140715172845j:plain

(7月15日撮影)

 

建設するのは東証一部上場企業のフジ住宅株式会社(本社は岸和田市)、施工業者は東証一部上場企業の福田組(本社は新潟市)、地域住民への説明担当はフォーエバーサンクスで、2014年3月に実施された住民への説明会での説明の通りです。

着工が6月中頃からと説明されていたのですが、半月延びたようです。

 

エカワ珈琲店の道路を挟んで東側に、日本唯一の結核療養所だった神田病院が立地していました。

神田病院の立地していた場所ですが、幕末には紀州徳川藩の医学校が設置されていたそうです。

神田病院の創立者は埼玉県出身で、和歌山にやって来て医業で成功を収めた人だと伝えられています。

f:id:ekawa:20071008125902j:plain f:id:ekawa:20140715120830j:plain

(解体前の神田病院)

 

その神田病院が2013年2月末で廃院になると知ったのは、2013年(去年)2月の中頃以降のことでした。

急遽、廃院が決まったのかもしれません。

2013年(去年)の4月頃から、病院の解体工事が開始されました。

 

4月、5月、6月の初め頃までは、解体工事に伴う砂埃が相当にすごかったのですが、振動や騒音はそれほどでもありませんでした。

建物の解体が終了して、基礎の部分を取り除く段階になって、騒音もひどくなって毎日が地震という生活が約1ヶ月くらい続きました。 

f:id:ekawa:20140715115819j:plain

(神田病院の解体工事中の写真)

 

神田病院の跡地ですが、最初、アズマ不動産という和歌山市の企業が購入して、当分の間、有料駐車場としておいて、何年か先に分譲マンションを建設すると噂されていました。

実際に、解体現場にはアズマ不動産の社用車が何回も出入りしていました。

 

その後、購入先がアズマ不動産からフジ住宅に変更になったという噂が流れ始めて、解体工事が終了する頃(7月の末頃)には、フジ住宅の社用車が出入りしていました。

秋になると、神田病院跡地の購入先がフジ住宅で、できるだけ速やかに分譲マンションを建設する計画があるのが判明しました。

 f:id:ekawa:20140331210553j:plain

今年(2014年)の3月4日、神田病院の跡地に15階建ての分譲マンションを建設するということで、雄湊小学校に隣接する雄湊自治会館で、フジ住宅の代理業者・フォーエバーサンクスによる住民説明会が実施されました。

エカワ珈琲店も、その住民説明会に参加して、事業主はフジ住宅株式会社、事業主代理が株式会社フォーエバーサンクス、設計管理が株式会社IAO竹田設計、施工建設会社は未定となっているのですが、おそらく福田組になるという説明と、着工は6月中頃からという説明を受けてきました。

f:id:ekawa:20140528144119j:plain

(6月中頃に撮影しました)

 

6月のはじめ頃、建設現場の近所の住民とフォーエバーサンクスの担当者との簡単な説明会が開催されたのですが、その時点では、施工建設会社はまだ未定で、着工も少し先延ばしになるという説明がありました。

6月の末頃になって、施工建設会社が福田組に決定して7月1日から建設工事を開始するとのことで、福田組の担当者の方が説明に回ってきました。

その説明では、分譲マンションの名称が「シャルマンフジスマート和歌山城公園」となっていました。

 

そして、7月に入って建設工事が始まりました。

2年後には、エカワ珈琲店の道路を挟んで東側に、15階建て100戸の分譲マンションが完成する予定となっているそうです。