Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

20数年前に鞍信一さんが教えてくれた「喫茶店が生き残る方法」

1980年代の中頃、店舗数10数万店を数えていた個人経営の喫茶店ですが、1990年前後になると約13万店舗と、数年の間に3万店舗から4万店舗も減少していました。

そして、巷間では、「喫茶店からのコーヒー離れ」という風評が流れていたわけです。

 

当時の雑誌記事は、そのような風評が流れる原因と、その対策も書いています。

その記事を書いたのは、生前、高名なコーヒー研究家で「かなざわ喫茶村」の村長をされていた鞍信一さんです。

4分の1世紀以上前の記事ですが、現在(2017年)でも通用する内容の記事となっています。やはり鞍信一さんは、私たちコーヒー屋の偉大なる大先輩なのだと思います。

 

記事の一部分を掲載しています。全文はnoteにて有料公開してい「喫茶店の物語」内でご覧いただけます

note.mu

 

ちなみに、「喫茶店の物語」に収録している記事のあらましは、エカワ珈琲店のブログ「喫茶店の物語」に掲載しています。