エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

大衆(マス)の縮小

  

   

 

 

放送局のお客さんは、視聴者ではありません。

NHKは例外として、それ以外の放送局の場合、広告主がお客さんです。

そして、視聴率の高い番組を制作することで、広告主から高い評価を受けることができるわけです。

 

 

おそらく、新聞社も同じことが言えるのだと思います。

発行部数が多ければ多いほど、広告主から高い評価を受けることができるわけです。

放送局や新聞社は、広告主を喜ばせるための情報を、大衆に提供する商売なのだと思います。

だから、マスメディアと呼ばれているのだと思います。

 

だけど、今、大衆(マス)は急速に減少しています。

自分の好きな動画や音楽、自分好みの情報だけを、インターネットや有料テレビから手に入れる人が急速に増加しているわけですから。

 

その結果、googleに代表されるインターネット広告が業績を伸ばしています。

有料放送のお客さんは、広告主では無く視聴者です。

 

最近、シャープ、パナソニック、ソニー、NECという日本を代表するエレクトロニクス企業の不振が伝えられています。

その原因ですが、もしかしたら、先進国の大衆(マス)市場が急速に縮小しているからかも知れないと考えたりしています。

 
【参考】

Seth's Blog: The difficult challenge of media alignment


 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら