エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和37年/1962年(昭和37年)のこと

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

週刊少年サンデーで、『おそ松くん(作・赤塚不二夫)』の連載が始まったのが、昭和37年4月です。
小学校の5年生で、その頃、比較的裕福な家庭環境にあった私は、毎週、本屋さんから「週刊少年サンデー」を配達してもらって、読んでいました。

 
当時、我が家に家風呂はまだ無くて、歩いて数分の距離にあった銭湯を利用していました。
銭湯の着衣場の壁には映画のポスターが貼られていて、『キングコング対ゴジラ』や『007は殺しの番号』のポスターを何となく覚えています。
クレージーキャッツの『ニッポン無責任時代』のポスターが貼られていたのは、この年の夏でした。この頃の、銭湯の入浴料は、20円くらいでした。
 
前年(昭和36年)の12月7日、秋田県で発見されたニセ千円札は、『チ-37号』と名づけられて、春先から年末まで新聞紙面に頻繁に登場していました。
この事件は、結局、迷宮入りになってしまいました。
 
この年の夏に発生した台湾バナナのコレラ騒動、これは印象に残っています。
バナナは、昭和38年春に輸入が自由化されたのですが、当時は輸入自由化される前で、特別なときにしか食べられない高級な果物でした。
 
それが、この年の8月に台湾から門司港に入港した貨物船の乗組員17人が真性コレラ患者だったということで、神戸港で陸揚げされた1億数千万円分の台湾バナナが、自衛隊の火炎放射器で焼却処分されている映像をテレビで見たわけです。
お金を燃やしているみたいで、「もったいない」と感じながらニュース映像を見ていたのだと思います。
 
現在もそうですが、当時の私は、阪神タイガーズのファンでした。
それも、現在の私の阪神ファン度とは比較にならないくらいの阪神ファンで、何回か甲子園球場に連れて行ってもらったのを覚えています。
 
この昭和37年、藤本定義監督のもと、村山・小山という怪腕投手を擁して、セリーグ優勝を成し遂げました。
日本シリーズでは、怪童と呼ばれた尾崎行雄投手を擁する東映フライヤーズに負けてしまいました。
 
当時の私は、家が喫茶店を営んでいて、スポーツ新聞を3紙くらい買っていたので、毎朝、早く起きてスポーツ新聞を読み漁るのが日課でした。
 
【参考図書】
シェーの時代/泉麻人/文春新書
 
 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら