読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

モーニングサービスの歴史

昭和ストーリー

昭和30年代の中ごろ、1960年頃のモーニングサービスは、コーヒー1杯の価格でゆで卵かトーストが付いて来る、といった簡単なものでした。  

 

昭和喫茶のモーニング&ランチ 東京編 (タツミムック)

昭和喫茶のモーニング&ランチ 東京編 (タツミムック)

 

 2017年3月4日現在、読んだことがありませんが、お金と時間に余裕があれば読んでみたい本です。

 

それが、東京オリンピックの年、昭和39年頃になると、1960年頃のモーニングサービスとは別個に、独立したメニューとしてのモーニングサービスがメニュー表に載っていました。

価格は、コーヒー1杯の価格の2倍くらいだったと記憶しています。

 

記事の一部分を掲載しています。全文はnoteにて有料公開してい「喫茶店の物語」内でご覧いただけます

note.mu

ちなみに、「喫茶店の物語」に収録している記事のあらましは、エカワ珈琲店のブログ「喫茶店の物語」に掲載しています。