読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和34年/少年サンデーと少年マガジン

昭和ストーリー

昭和31年、新潮社から『週刊新潮』が発売されて、それがきっかけで週刊誌を発行する出版社が続出、昭和34年3月26日の『週刊少年マガジン』創刊、4月5日の『週刊少年サンデー』創刊で、漫画雑誌の世界にも週刊化の波が訪れました。

 

週刊漫画雑誌第1号の『週刊少年マガジン』は、講談社から発売されました。

創刊号の表紙は、人気力士大関朝潮で、特集も「大ずもう春場所」です。

ほぼ1週間遅れで、講談社のライバル小学館から、『週刊少年サンデー』が創刊されました。

手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄らが、漫画を執筆しています。

 
週刊漫画雑誌創刊までは、当然、月刊漫画雑誌の天下でした。
昭和30年代前半の人気雑誌、その筆頭は、光文社から発行されていた『月刊少年』で、手塚治虫の『鉄腕アトム』、横山光輝の『鉄人28号』、堀江卓の『矢車剣之助』など、のちに映像化された人気漫画が連載されていました。

 

鉄腕アトム(1) (手塚治虫文庫全集)

鉄腕アトム(1) (手塚治虫文庫全集)

 

 

当時、『月刊少年』と人気を二分していたのが、少年画報社から発行されていた『月刊少年画報』です。

こちらには、武内つなよしの『赤胴鈴之助』、桑田次郎の『まぼろし探偵』などの人気漫画が、連載されていました。
 
昭和33年、テレビ放映が開始された国産ヒーロー第1号、『月光仮面』は、講談社発行の『少年クラブ』に連載されていました。
原作は川内康範、作画が桑田次郎です。
 
他に、集英社から『少年ブック』、秋田書店から『冒険王』という月刊雑誌が発行されていたのを記憶しています。
 
当時の子どもたちは、お金に余裕があるわけでなくて、漫画雑誌を1誌だけ購入できれば、幸せだった時代です。
漫画雑誌の回し読みは当たり前で、貸本屋で借りることのほうが多かった時代です。
 
小学低学年の私たちにとって、月刊漫画雑誌の魅力は、漫画だけでなくて、雑誌に付属している別冊漫画や工作付録にありました。
昭和30年代に店舗数を増加させた貸本屋も、娯楽の少ない時代の、私たち子どもの遊び場でした。
 
家業の喫茶店が繁盛していて、お金に不自由しない子どもだった私は、『月刊少年』、『月刊少年画報』、『週刊少年マガジン』、『週刊少年サンデー』という漫画雑誌を毎号、書店から配達してもらっていました。
その頃の反動なのかもしれませんが、20歳を過ぎてからは、お金に不自由しています。 

 

オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コミックス)

オバケのQ太郎 1 (てんとう虫コミックス)

 

 

昭和34年、少年マガジン、少年サンデーと、2誌の週刊漫画雑誌が創刊されたのですが、昭和30年代は、少年サンデーの方が元気があったような記憶があります。
藤子不二雄の『おばけのQ太郎』、赤塚不二夫の『おそ松くん』、横山光輝の『伊賀の影丸』が連載されていた昭和30年代末期、発行部数が55万部に達したと記録されています。

 

おそ松くん (1) (竹書房文庫)

おそ松くん (1) (竹書房文庫)

 

 

少年少女向け週刊漫画雑誌の世界ですが、しばらくの間、少年サンデー・少年マガジンだけの時代が続き、昭和38年になって、1月に『週刊少女フレンド』が講談社から、5月に『マーガレット』が集英社から、7月に3誌めの少年漫画週刊誌『週刊少年キング』が少年画報社から発行されました。

 
『週刊少女フレンド』創刊当時、ちばてつや、山田英史ら男性漫画家の漫画が数多く掲載されていました。
少女フレンドに半年遅れて創刊した、集英社の『マーガレット』は、創刊号は無料、2号では読者全員にハンカチをプレゼントという、度肝を抜く宣伝手法を採用するとともに、牧美也子や水野英子ら女性漫画家の漫画を掲載して、先行の少女フレンドに対抗していました。
 
少年漫画雑誌の世界と違って、少女漫画雑誌の世界では、週刊漫画雑誌よりも、集英社から発行されていた『りぼん』『少女ブック』、講談社から発行されていた『なかよし』のような月刊漫画雑誌の方が、理由がわからないのですが、人気がありました。
 
この時代、悪書追放運動というものが存在していて、少年漫画が青少年に悪影響を与えるということで、PTAや教育関係者によって、小学校の校庭に集められて燃やされているシーンをニュースで見た記憶があります。
 
報道関係者を集めて、漫画本を燃やすシーンを報道させる何ていう、ファシズムの典型のような行為が、まかり通っていた時代です。

 
【2007年6月6日に書いた記事です】

 

エカワ珈琲店が運営・管理しているブログ

珈琲手帳

珈琲商売とフードビジネス

和歌山探訪

After60