エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

デジタル時代の広告は・・・

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

ファッション誌「American VOGUE」は、定期的に600ページ以上が広告という雑誌を刊行しているとのことです。

アメリカでファッションビジネスを営んでいるのなら、1000万円くらいのお金を支払って、ファッション誌「American VOGUE」に1ページの広告を掲載していなければ、存在をアピールするのが難しいのかもしれません。

 

 

アメリカに住んでいて、ファッションに興味を持っている最先端の人たちは、おそらく、ファッション誌「American VOGUE」を定期的に購読しているのだと思います。

ファッション誌「American VOGUE」に広告が掲載されていなければ、ファッションに興味を持つ最先端の人たちの目に止まり難いのかもしれません。

ですから、1000万円以上のお金を使って、ファッション誌「American VOGUE」に広告を掲載するファッションビジネスの関係者が数多く存在しているのだと思います。

 

ファッション誌「American VOGUE」に掲載されている広告は、読者が見たいと思っている公告で構築されているのだと思います。

だから、読者は、ファッション誌「American VOGUE」に掲載されている大量の広告に拒絶反応を示すことがないのかもしれません。

 

これからのメディアカンパニーは、読者が視聴者が見たいと思っている広告だけを提供することでビジネスを構築するようになる可能性が高いのだと思います。

そうでなければ、読者、視聴者に拒絶反応を起こされる可能性が非常に高くなるのだと思います。

 

デジタル時代の広告は、その広告を必要としている人たちに、必要な広告を提供するという形になるのかもしれません。

 

 たとえば、エカワ珈琲店が営んでいるようなビジネスを探している人たちに、エカワ珈琲店の存在を知ってもらうことができれば、エカワ珈琲店は繁盛できるのだと思います。

たとえば、低価格のチラシ印刷業者を探しているお客さんに、低価格のチラシ印刷時業者の広告を紹介することができれば、お客さんも印刷時業者もハッピーになれるのだと思います。

 

【参考】




エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら