読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和33年/月光仮面とスーパーマンと

昭和ストーリー

昭和33年の視聴率ランキングは、①スーパーマン②プロ野球日本シリーズ③おトラさん④私の秘密⑤サーカスボーイ⑥名犬リンチンチン⑦お笑い3人組⑧ダイヤル110番⑨月光仮面⑩名犬ラッシーとなっています。

 
この10番組のうち、「スーパーマン」・「私の秘密」・「名犬リンチンチン」・「月光仮面」・「名犬ラッシー」については、記憶に残っています。
残りの5番組については、記憶にありません。

 

月光仮面 [DVD]

月光仮面 [DVD]

 

 

我が家にテレビがやって来たのは、小学1年生に成り立ての春のことで、あれから半世紀が経過しているのに、あの頃のテレビ番組を何となく覚えている自分にビックリしています。

 
当時のテレビ番組で、覚えている番組名を書き出します。
国産のテレビ番組では、月光仮面・七色仮面・少年ジェット・遊星王子・まぼろし探偵です。
 
サングラスの玩具を買ってきて、風呂敷で覆面を作り「月光仮面」の真似をしたり、画用紙を切り抜いて「まぼろし探偵」のメガネを作り、手ぬぐいをマフラーに見立てて、ほとんど自動車の通らなかった道路や、家の塀や屋根に登って遊んだものです。
 
KRT(現在のTBS)で放送された『月光仮面』は、主演が大瀬康一、ボケ役が谷幹一というキャストで、低予算のため、撮影用のスタジオが無くて、スタッフの自宅を借用して撮影したというエピソードが残っています。
 
当時、テレビドラマの主流は、外国産のテレビ映画です。
ピストルの弾丸をはねかえす『スーパーマン』、ラスティ少年と愛犬リンチンチンが活躍する騎兵隊ドラマ『名犬リンチンチン』、伝説の女性拳銃使いを描いた『アニーよ銃を取れ』、目のまわりを黒いマスクで隠したアメリカ版月光仮面『ローンレンジャー』、当時のアメリカの中産階級を描いたホームドラマ『パパは何でも知っている』、といった番組を覚えています。
 
スーパーマン役のジョージ・リーヴスは、昭和34年6月16日ピストルで自殺してしまったのですが、母親の「スーパーマンがピストルで自殺した」という言葉を聞いて、何故、スーパーマンがピストルで自殺できるのだろう、と不思議に感じたのを記憶しています。
 
ジェフ少年とコリー犬ラッシーの物語『名犬ラッシー』は、昭和32年11月から昭和39年3月まで放映された長寿番組です。
国産では、昭和31年から昭和39年まで、NHKで夕方放映されていた人形劇『チロリン村とクルミの木』という長寿番組が存在していました。
    (2007年5月4日記)