読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

光陰矢のごとし

10代の頃は、月日の経つのを、ものすごく遅く感じていました。
20代の頃も、10代の頃の続きで、月日の経過をそれほど早く感じた記憶がありません。
30代に入ると、少しだけ早く感じるようになって来て、40代になると、月日が経つのが、もっともっと早くなって来ました。

 

   

 
50代になると、まさしく『光陰矢のごとし』です。
春・夏・秋・冬と、あっという間に過ぎ去って行きます。

そして、60代になっても、それが続いています。
 
物理的には、1日が24時間で、時間の経つのが遅くなったり、速くなったりすることがないので、感じ方の問題なのだろうと思います。
年齢を重ねるに従って、色々な経験を積み重ねているので、ちょっとした変化には、何も感じなくなってしまって、時間に対する感覚が、若い時とは違って来ているのかもしれません。
 
若かった時、10年後・20年後というと、遠い未来だと思っていたのですが、この歳になって、10年前の昔、20年・30年前の昔を思い返しても、ほんの最近のことのように、一部の記憶が蘇ってきます。
 
もしかしたら、年齢と時間に対する感覚との間に、何か『法則』みたいなものがあるのかも知れません。

 


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら