読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和31年/昭和31年頃の鉄道事情

昭和30年頃の日本、皆忙しく朝から晩まで働き続けていた時代です。
日曜日に休めれば良いほうで、盆・暮れ以外は、朝から晩まで働きづめという人がたくさん存在していた時代です。
 
長距離交通の手段は、列車だけという時代で、朝早く東京を出発して、大阪到着が夕方という時代でした。

 

『洋酒天国』とその時代 (ちくま文庫)

『洋酒天国』とその時代 (ちくま文庫)

 

  
昭和31年11月1日の大阪駅、壽屋、後のサントリーの宣伝部で、PR誌『洋酒天国』の編集担当だった開高健とその家族が、知人・友人・壽屋宣伝部の同僚に見送られて東京行き夜行急行『銀河』に乗り込み、東京へ転勤していきました。
 
鉄道がただ1つの長距離輸送手段だった時代ですから、キップの購入や座席取りは難事業で、通路やデッキにまで人が座り込んでいました。
蒸気機関車なら、窓を開いたままトンネルを通過すると、煙で車内が真っ黒になったそうです。
車内には、もちろん冷房などはなくて、天井に大きな扇風機が回っていました。
 
昭和31年、東海道全線が電化されて、2年後の昭和33年には電車が走りました。
 
開高健が東京転勤のため、大阪駅を出発した2年後、昭和33年11月1日から、東京と大阪の間を6時間50分で結ぶ『ビジネス特急こだま』が運行を開始しました。
冷暖房完備で、電車の窓が開かないということで話題になっていました。
 
黒澤明監督の『天国と地獄』で、半分開くトイレの窓から身代金を投下させるシーンを見て、特急こだまにも、開くことのできる窓があったと話題になったそうです。
 
この特急こだまの開通で、東京・大阪間の日帰り出張が可能になったのですが、この時期を契機に、大阪経済圏の凋落が始まったのだと思います。
 
その2年前に、サントリーという大阪の優良企業が、宣伝の主力を東京に移転させていたわけです。