読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和31年/邦画5社協定

昭和ストーリー

昭和31年10月、日本の大手映画会社、東宝・松竹・東映・大映・新東宝の5社が、映画製作を再開した日活による俳優引き抜きを封じる目的で、協定を結びました。
 
その後、石原裕次郎・小林旭といった若い俳優さんの出演する、日活アクション映画が大ヒットして、日活対策の必要性も無くなったので、昭和33年9月、日活もこの協定に参加して『6社協定』となります。

  

日活アクションの華麗な世界―1954-1971

日活アクションの華麗な世界―1954-1971

 

 

そして、昭和36年に新東宝が倒産したので、再び『5社協定』となって、映画会社のテレビ対策が、その目的に加わりました。
 
各映画会社所属のスターをテレビに出演させない、各映画会社製作の劇映画をテレビ局に売らない、ということになったわけです。
この五社協定には、所属映画会社とトラブルを起こした俳優は、どこの映画会社も使わないという項目があって、前田通子・山本富士子・田宮二郎らが、映画界を追放されました。
 
この五社協定、昭和40年代に入って、最終的には自然消滅してしまうのですが、その頃、すでに公正取引に関する法律が存在していたのですから、それらの法律に触れていたことは明白です。
 
自由主義経済を信奉する民主主義国家なら絶対に許されないことが、1960年代の日本で、まかり通っていたということです。
1960年代というのは、日本が、民主主義の国・法治主義の国に向って歩み始めていた時代で、まだまだ、前近代的なものが残っていた時代なのだと考えています。