Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

昭和55年と平成24年と

昨日(2012年1月14日)の土曜日、午後の9時から、NHKで「とんび/後半」というドラマ番組を見ました。
ドラマの出だしの部分の時代設定は、昭和55年でした。
 
面白かったので、1週間前の土曜日に放映された「とんび/前半」も見たくなりました。
で、NHKオンデマンドを利用して、その「とんび/前半」を見ることにしました。

 
昭和55年当時、テレビ番組の録画装置は存在していましたが、まだまだ高値の花だったわけで、ましてや、たまたま見た連続ドラマが面白かったので、1週間前や2週間前に放映された部分も見てみたいと考えて、即座に見ることができる何て想像もできませんでした。
 
ということで、何故か、32年前の昭和55年と平成24年の現在の商品の価格を比較してみたくなったので、少しだけ比較してみることにします。
 
昭和55年の和歌山県庁周辺の外食価格も、平成24年の和歌山県庁周辺の外食価格も、ほとんど変化していません。
 
ファション価格は、昭和55年の価格よりも、平成24年の価格の方が相対的に安くなっています。
テレビや冷蔵庫などの家電商品も、昭和55年の価格よりも、平成24年の価格の方が安くなっています。
 
昭和55年の和歌山県庁周辺の不動産価格よりも、平成24年の和歌山県庁周辺の不動産価格の方が安くなっています。
賃貸料の価格も、不動産価格と同じで安くなっています。
 
昭和55年当時は、一家に一台だった自動車ですが、平成24年の現在は、一人に一台になっています。
そして、自動車の価格については、昭和55年よりも、平成24年の価格の方が大幅に高くなっています。
 
昭和55年当時と価格が同じか安くなっている産業については、平成24年の現在、弱肉強食の時代に突入しています。
昭和55年と比較して、大幅に価格が上昇している自動車産業は、まだまだ元気で日本経済を引っ張っています。
 
昭和55年よりも平成24年の方が、相対的に所得が増えているわけですから、生活のレベルが高くなっているのだと思います。
でも、昭和55年当時、比較的に裕福な生活を営んでいた中小零細の商売人たちですが、平成24年の現在、収入が大幅に減少していて生活レベルも低下しています。 

 

【2012年1月15日に書いた記事です/byエカワ珈琲店