エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

還暦を過ぎてから英語に挑戦しています

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

還暦間近のコーヒー屋のおじさんでも、英語の必要性を感じています。

インタヘネット内でコーヒーに関する情報を探せば、日本語の情報とは比べものにならない量の英語の情報が存在しています。

   

 

インターネットの存在しない時代なら、コーヒー関係の英語情報と接する機会は限られていました。

それに、コーヒー関係の英語情報に接するには、それなりの資金も必要でした。

そのような理由で、コーヒー関係の英語情報にアクセスしにくかったので、コーヒー関係の日本語情報だけでも、それほど不自由を感じることが無かったわけです。

 

 

でも、2011年の現在、インターネットにアクセスすれば、簡単に、それも無料で、コーヒー関係の英語情報と接触することができます。

英語が理解できるか、できないかで、コーヒー関係の情報収集力に相当な格差が開く可能性が高くなっているのだと思います。

 

英語力をつけるには、毎週、一定量以上の英語の文章を読むのが一番だと、何かで読んだ記憶があります。

そして、それを5年間も続ければ、英語に対する抵抗感が消滅するといわれています。

 

ということで、還暦間近のコーヒー屋のおじさんも、去年(2010年)の今頃(5月頃)から、インターネット内の英語の文章を読む訓練を始めています。

コーヒー関係とマーケティング関係、それに飲食店関係の英語の文章の読解に挑戦している最中です。

 

インターネット内の英語の文章を、googleの翻訳機能とインターネット辞書を利用して読解しています。

去年の夏ごろは、英語の文章の99%が意味不明だったのですが、最近(2011年5月17日)は、意味不明なのは90%くらいにまで減少しています。

 

上の部分は、2011年5月17日に「エカワ珈琲店の出来事/はてなダイアリー」に投稿した記事の再投稿部分です。

以下の部分は、今日(2015年1月18日)、新しく投稿した記事です。

 

現在(2015年1月)も、コーヒー関係とマーケティング関係、それに飲食店やスモールビジネス関係の英語の文章読解への挑戦を続けています。

英語の文章を読む訓練を開始して、5年近くが経過しています。

 

英語の文章に対する抵抗感は、それほど感じなくなってきていて、最近は、NHKの英語学習番組を見ていても、それほどストレスを感じなくなっています。

でも、英語の文章の約75%は意味不明で、ヒアリングは全くできません。

 

【スポンサー】


エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら