エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

Mary Queen of Shops

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

『Mary Queen of Shops』、イギリスファション業界の女性カリスママーケッターであるMary Portas(メアリーポータス)さんがパーソナリティーを演じる、イギリスのBBCテレビで放映されていたドキュメンタリータッチの番組です。

独立して家族だけで営んでいる街の商店や飲食店を、Mary Portas(メアリーポータス)さんのアドバイスによって活性化させるというストーリーのテレビ番組なのだと思います。

 

   

 

日本でもそうなのですが、イギリスでも、 独立して家族だけで営んでいる街の商店や飲食店、それらの商店や飲食店が並んでいる道路沿いの商店街が、その業界の大手企業に対抗する術も無く、追い詰められて絶滅寸前の状況を呈しているのだと思います。

特に、日本同様、地方の町の商店や飲食店は、相当に厳しい状況になっているようです。

 

苦境に陥っている家族で営む商店や飲食店に、メアリー(Mary)さんという方が的確なアドバイスをすることで、少しでも経営状態改善の手助けになればというストーリーの番組が、BBC放送(イギリス)放映の『Mary Queen of Shops』という番組なのだと解釈しています。

 
その番組を、ユーチューブの映像で見るに付け、家族経営の商店・飲食店の現況ですが、イギリスも日本も同じような状況にあるみたいで、ビックリしてしまいました。

Mary Portas(メアリーポータス)さんは、経歴から、マスマーケッティング系のマーケッターだと思うのですが、それだからこそ、マスマーケティングへの対抗方法を取得しているのかもしれません。

 

10数年前だったのだと思うのですが、日本でも、よく似た番組が放映されていたのを覚えています。

でも、『Mary Queen of Shops』に良く似た構成の日本の番組は、『精神論』的なアドバイスが中心で、テレビの影響力を利用して、苦境に陥っている家族経営の商店・飲食店を一時的に活性化させるというタイプの番組で、エカワ珈琲店の商売の参考にはならないと感じた記憶が残っています。

 


Clealls - Mary Queen of Shops - Series 3 Episode ...


Fosters - Mary Queen of Shops, Series 3 Episode ...


Under The Moon - Mary Queen of Shops Series 3 ...