読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

これからのコーヒー業界

珈琲商売

「煎りたて、挽きたて、淹れたて」をキャッチフレーズとする喫茶店が増加して、それなりに繁盛するならば・・・。

そして、その喫茶店のメニューには、「○○農園のコーヒー豆」、「○○農協のコーヒー豆」というシングルオリジン(単一起源、地域、農園)のコーヒーが幾つも載っているのだとしたら・・・。

 

 

そのような夢のような時代がやって来るならば、日本のコーヒー業界の地形図が変わってしまう可能性もあるわけです。

上記のような条件をクリアするために、コーヒー豆を自家焙煎する喫茶店が増えるかもしれません。

 

コーヒー豆を自家焙煎するのが面倒な喫茶店なら、エカワ珈琲店クラスの小規模な焙煎屋から焙煎コーヒー豆を仕入れるという方法を採用するかもしれません。

上記のような条件をクリアするには、少量生産・少量消費をモットーに「煎りたて、新鮮、香りの良いコーヒー豆」を販売している小規模なコーヒー豆の焙煎屋から、少量卸という形で焙煎コーヒー豆の供給を受けるのが現実的な対応なのだと思います。

 

「シングルオリジン」の「煎りたて、挽きたて、淹れたて」コーヒーを売り物にしているアメリカのブルーボトルコーヒーが東京に出店して、予想以上の好評を得ているようです。

そして、都会では、20代、30代の若い人たちが経営する自家焙煎コーヒーの喫茶店にも、注目が集まっているようです。

 

ekawa.hatenadiary.jp

 

現在のところ、普通の喫茶店が、「シングルオリジン」の「煎りたて、挽きたて、淹れたて」コーヒーを取り扱うなら、コーヒー豆を自家焙煎するか、小規模なコーヒー豆の自家焙煎店から仕入れるしか方法が無いのかもしれません。

大手・中堅のコーヒー企業が対応するには、おそらく、ビジネスモデルの変更が必要になるのだと思います。

 

20年前にやって来たスターバックスコーヒーの売り物は、エスプレッソコーヒーとエスプレッソ系のアレンジコーヒーでしたから、日本の田舎町の小規模な自家焙煎コーヒー豆店には、何もメリットがありませんでした。

アメリカのサードウェーブコーヒー文化の先頭を走っているブルーボトルコーヒーの東京出店は、日本の田舎町の小規模なコーヒー豆自家焙煎店に、ある程度のメリットをもたらしてくれるはずだと考えています。

 

ekawa.hatenadiary.jp

 

小規模なコーヒー豆自家焙煎店ですが、スターバックスコーヒーの物まねは、できなかったし、する気も無かったのだと思います。

しかし、アメリカのサードウェーブコーヒー系コーヒー屋さんの商売スタイルと、日本のコーヒー豆自家焙煎店の商売スタイルは、よく似ています。

 

ですから、ブルーボトルコーヒーの東京出店が成功して、日本でアメリカ型のサードウェーブコーヒー文化がブームとなるのだとしたら、その性格から、すでに何千と存在しているコーヒー豆自家焙煎店が、その担い手となる必要があるのだと思います。

ekawa.hatenadiary.jp

 

日本の焙煎コーヒー豆の市場ですが、付加価値を取れる市場は、スターバックスが得意とするセカンドウェーブコーヒー文化の市場と、大手・中堅のコーヒー企業が得意とする喫茶・飲食店向け焙煎コーヒー豆市場、特に独立系の喫茶店・飲食店の焙煎コーヒー豆市場なのだと思います。

 

その独立系の喫茶店・飲食店の焙煎コーヒー豆市場が、アメリカと同じように、サードウェーブコーヒー文化の大波に飲み込まれるのだとしたら、大手・中堅コーヒー企業も対応が必要になってくるかもしれません。

その対応手段は、スターバックスコーヒーが得意とするブランディング戦略となる可能性が高いと考えています。

 

ekawa.hatenadiary.jp

 

日本でサードウェーブコーヒー文化が発生するとして、その担い手となるのは、働き盛りの若い人たちだと思います。

エカワ珈琲店が、サードウェーブコーヒー文化の担い手になることは想像できませんが、その周辺部分でプラスの影響を受けることができるかもしれません。

 

大手・中堅のコーヒー企業の場合は、マイナスの影響を受ける可能性が高いのだと思います。大手・中堅コーヒー企業の得意な大量生産・大量消費の対極にあるのが、サードウェーブコーヒー文化なのだと思います。

サードウェーブコーヒー文化が日本で受け入れられるということは、大量生産・大量消費の焙煎コーヒー豆市場が侵食されることを意味しているのだと思います。

 

大手・中堅のコーヒー企業は、セカンドウェーブコーヒー文化の担い手スターバックスコーヒーの登場で、相当なダメージを受けていると想像しています。

サードウェーブコーヒー文化は、大手・中堅のコーヒー企業に、それ以上のダメージを与える可能性もあるのだと思います。

 

www.ekawacoffee.jp