エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

去年(2016年)あたりから始まったコールドブリューコーヒー(Cold brew coffee )のブームですが、今年(2017年)は、さらに拍車がかかっているように感じられます。

エカワ珈琲店も、何本かコールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する記事をエントリーしているので、「エカワ珈琲店のブログ」内の記事の整理整頓を兼ねて、 それらの記事の幾つかを紹介させて頂きます。

 

(1)Cold brew coffee (コールドブリューコーヒー/水出しコーヒー)について調べてみました

コールドブリュー(水出し)コーヒーの作り方には、キョート式と浸漬式の2つの作り方があるのだと思います。

現在ブームになっているのは、後者の浸漬式による作り方だと理解しています。

ekawa.hatenadiary.jp

 

(2)エカワ珈琲店の焙煎コーヒー豆は、水出し(コールドブリュー)コーヒーの抽出には使えません

エカワ珈琲店は、ハンドドリップかドリップ式コーヒーマシーンを使って、80度以上の熱湯で加熱して頂くことを前提として、自店で焙煎加工したコーヒー豆を小売販売しています。

ekawa.hatenadiary.jp

 

(3)日本で市販されているコールドブリューコーヒー

北米大陸(アメリカ)では、缶詰や瓶詰にしたコールドブリューコーヒーが人気を博しているようですが、日本では・・・・・

ekawa.hatenadiary.jp

 

(4)アイスコーヒーとコールドブリュー(水出し)コーヒーの相違点

今流行りのコールドブリュー(水出し)コーヒーとアイスコーヒーを比較すると、醸造方法やコーヒーの香味、賞味期間(美味しく飲める期間)などで幾つかの相違点が存在しています。

ekawa.hatenadiary.jp

 

(5)昔から日本で売られている家庭用水出しコーヒーパック

北米大陸でブームを巻き起こしているコールドブリューコーヒーですが、「コールドブリューコーヒー=浸漬式の水出しコーヒー」だとすると、日本では、ふた昔以上前から、浸漬式の水出しコーヒー用の水出しコーヒーパックが売られています。

ekawa.hatenadiary.jp