エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

マルチロースターショップとは/What is Multi-Roaster-Shops

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

コーヒー産業が活況を呈しているアメリカでは、複数のロースター(コーヒー豆の焙煎屋)の焙煎コーヒー豆をメニューに載せているマルチロースターショップモデルの喫茶店が相当な勢いで増加しているようです。

 

   

 

バリスタのBilly Wilson さんの喫茶店チェーン

マルチロースターコーヒーショップの喫茶店で一番有名なのが、バリスタのBilly Wilson さんがポートランドで展開している小さな喫茶店チェーンです。

Billy Wilson さんの喫茶店チェーンは、スタンプタウンコーヒーを主たる取引先としているのですが、それ以外のポートランドの複数のロースター(焙煎屋)からも焙煎コーヒー豆を調達していて、メニューに載せているのだそうです。

そして、それが、お客さんの好評を得ているとのことです。

 

サンフランシスコのベイエリア地区では

f:id:ekawa:20150616163557j:plain

サンフランシスコのベイエリアの喫茶店・レストランなどの大半は、ピーツ、フィルズ(Philz)、ブルーボトル、サイトグラス、フォーバレル、リチュアルなどの名前の知られているロースターの中の一つのロースターから焙煎コーヒー豆を仕入れています。

 

バックアップ体制の充実しているロースターとだけ取引を続けることで、その支援を受けられるのだとすれば、店のオーナーの負担が少なくなるかもしれません。

それにもかかわらず、ベイエリア地区では、マルチロースターショップを採用する店が増加しているとSPRUDGEが報じています。

sprudge.com

紹介されている喫茶店は、Modern CoffeePinholeBicaStanza Coffee Bar です。

 

マルチロースターショップ(Multi-Roaster-Shops)の今後

複数のロースター(コーヒー豆の焙煎屋)から焙煎コーヒー豆を調達して、その焙煎コーヒー豆をメニューに載せている喫茶店をマルチロースターコーヒーショップと表現しているのだと思います。
 

伝統的に、喫茶店は、一つのロースター(コーヒー豆の焙煎屋)から焙煎コーヒー豆を仕入れています。

パートナーを一つのロースターに限定することで、喫茶店もロースターも、どちらも利益を得ることができます。

 

また、ロースターがもたらしてくれる種々のサポートも、店にとっては魅力的です。

ロースターの的確なサポートによって喫茶店が繁盛すれば、その喫茶店はロースターからより多くの焙煎コーヒー豆を購入することになります。

それが、喫茶店やレストランとロースターの伝統的な関係のようです。

 

アメリカでは、現在のところ多くの喫茶店が、このビジネスモデルを採用して成功しています。

しかし、マルチロースターショップという新しい波が登場して、その波がお客さんに歓迎されているようです。(アメリカ全土で、マルチロースターショップの喫茶店が増加しています。)

 

マルチロースターショップの喫茶店ですが、取引先を一つのロースターに限定する場合と違って、マネージメント業務が相当に難しくて経営コストも増大するわけですが、客さんが望んでいるのだとしたら、今後も、マルチロースターモデルの喫茶店が増加して行くのだと思います。

 

 

www.ekawacoffee.jp