Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

BASE(ベイス)のショッピングカートを活用しています

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

エカワ珈琲店の通信販売用ショッピングサイトについては、「おちゃのこネット」を利用しています。

「おちゃのこネット」を利用しているショッピングサイトは、常連のお客様専用の会員制ショッピングサイトです。

 

 

一般のお客様向けには、ヤフーショッピングを利用して「焙煎コーヒー豆」の通信販売サイトを、BASE(ベイス)を利用して「コーヒー生豆」の通信販売サイトを運用しています。

 

通信販売で一番難しいのは、集金業務だとエカワ珈琲店は考えています。

ヤフーショッピングやBASE(ベイス)のビジネスモデルでは、その煩わしい集金業務を代行してくれます。

 

BASE(ベイス) は、「30秒でネットショップを無料で簡単に作成できる」ということで人気の、無料ネットショップ作成サービスです。

  

BASE(ベイス) でのネットショップの開設は、BASE(ベイス)のトップページから「ショップのURL」と「メールアドレス・パスワード」を入力するだけですから、ものすごく簡単です。

エカワ珈琲店の場合、「ショップのURL」には、『ekawacoffee』を使用することにしているので、「ショップのURL」名を決めるのに考える時間は必要ありません。

 

代引き、銀行振込、コンビニ決済、クレジットカード決済などの決済を、BASE(ベイス)が代行してくれて、代行手数料が幾らか必要ですが、それ以外のショッピングサイト維持費用は必要ありませんから、商品が売れなければ完全に無料ということになります。

 

BASE(ベイス)のショッピングカートを、自分のブログページに貼り付けることもできます。

エカワ珈琲店が運営するブログやサイトに、BASE(ベイス)のショッピングカートを貼り付けて、例えば、ブログやサイト内にショッピングページを作ることも可能かもしれません。

貼り付け用のHTMLソースは、BASE(ベイス)で作成したサイトの商品ページの『外部サイトに貼る』をクリックすれば取得できます。

 

エカワ珈琲店のコーヒー生豆専門の通信販売サイトです

ekawacoffee.base.ec

(※)現在(2017年5月末)、休店しています。理由があって、コーヒー生豆の通信販売にまで手が回らなくなっているので、しばらく休店させて頂いてます。