エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

エカワ珈琲店版、2016年コーヒーの旅

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

生産者が収穫した赤く熟したコーヒーの果実は、何ヶ月かの時と幾つもの工程を経て、1杯のコーヒーとなります。

1杯のコーヒーが出来上がるまでの工程を、『エカワ珈琲店版、2016年コーヒーの旅』と題して、簡単に辿ってみることにします。

note.mu

 

f:id:ekawa:20160621123443j:plain 

 

(1)苗木を植えつける

苗床でコーヒーノキの苗木を育て、育った苗木を、雨季(降雨期)の間に畑に植え付けます。

(2)コーヒー果実の収穫

収穫方法として、ストリップピックト(裸摘み)とセレクティブピックト(選択摘み)が知られています。

(3)コーヒー豆の精製処理

コーヒー生豆の精製処理方式として、ドライ・メソッド(乾燥式)とウェットメソッド(水洗式)が知られています。

(4)コーヒー豆の乾燥

ウェットメソッド(水洗式)によって処理する場合、果実から取り出して発酵させたコーヒー豆(パーチメントコーヒー)は、水分含量11%前後まで乾燥させます。

(5)パーチメントコーヒーの処理

コーヒー生豆の出荷・輸出前に、パーチメントコーヒーを脱穀精選します。

(6)コーヒー豆の出荷・輸出

パーチメントコーヒーを脱穀すると、輸出向けのコーヒー生豆が誕生します。

(7)コーヒーのテイスティング

コーヒー豆の生産段階、コーヒー豆の輸出・輸入段階、コーヒー豆の焙煎段階と、色々な場面でテイスティングが行われています。

(8)コーヒー豆の焙煎

焙煎コーヒー豆の賞味期間は短いので、コーヒー豆の焙煎は、生産地ではなくて消費地で行うのが普通になっています。

(9)焙煎コーヒー豆を挽く

粗びき、中びき、細びきと、色々な挽き方が知られています。

(10)コーヒーを淹れる

ハンドドリップで淹れる、フレンチプレスで淹れる、エスプレッソマシーンで淹れると、色々な淹れ方があります。

 

記事全文は、note にて有料で販売しています。

note.mu