読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

エカワ珈琲店の履歴書

エカワ珈琲店は田舎の町の小さな家族が営む地産ビジネスで、夫婦2人だけで営む零細生業パパ・ママ店ですが、販売している焙煎コーヒー豆の品質には、それなりの自負を持っています。

 

店主の年齢が年齢ですから、金銭がらみの失敗は許されません。若くないわけですから、失敗すれば、まず挽回は不可能だと思います。

ですから、商売規模を拡張するのは、まず無理だと考えています。また、その能力も備わっていないみたいです。

 

「これまでも、これからもパパ・ママ店」というキャチフレーズで、身体が動く限り、年齢の許す限り、珈琲屋商売を続けるつもりです。できれば、お客様も、私たちも、何となくわくわくできる面白くて楽しい商売を営みたいと考えています。

お金儲けのことは少しだけ考えることにして、私たちの老化防止と健康の保持を主な目的として商売を続けて行けたら最高に幸せです。

 

簡単なエカワ珈琲店の履歴書

1950年、昭和30年の秋、和歌山市の街中に小さな喫茶店『純喫茶コロナ』が開店しました。それが、私たちエカワ珈琲店の前身です。

それから60年以上に渡って、エカワ珈琲店はコーヒーと共に歩んできました。

 

1989年(平成元年)の8月、学習参考書の学研から発売されていた卓上型コーヒー豆全自動焙煎機を購入して、自家焙煎コーヒー豆小売専門店として再出発しました。

 

簡単なマスターの履歴書

昭和26年(1951年)生まれです。2011年の秋、60歳の還暦を迎えました。

2016年の秋には65歳となって、2017年からは、年金を満額支給してもらえる高齢者の仲間入りをしています。

 

店では、お客様にマスターと呼んでいただいています。

公務員を脱サラして、母親が細々と営んでいた喫茶店を引き継ぎ、自家焙煎コーヒー豆の小売販売業を始めたのが39歳の時でした。

 

商売、営業の経験が無かったことがネックとなって、四苦八苦しながら事業を継続してきました。

それから、20数年が経過して、珈琲商売を楽しめるようになって来ている今日この頃です。

 

記事の一部分(830文字)を掲載しています。記事全文(約4800文字)は、note にて有料で販売させて頂いています。

 ↓↓↓

note.mu