エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

4つのコーヒー市場は、棲み分けができているのだと思います。

  

   

 

 

ネスレ日本は、家庭用コーヒー市場、オフィスコーヒー市場、飲食店向けコーヒー市場に大攻勢を仕掛けているように見えます。

ネスレ日本は、日本のファーストウェーブコーヒー市場で、他社の追随を許さない地位を確保しようとしているのかもしれません。 

 

 

『ファーストウェーブコーヒー=大量生産、大量消費のコーヒー市場』なのだとすると、日本のファーストウェーブコーヒー企業は、百貨店、スーパーマーケット、オフィスコーヒー、飲食店などのコーヒー市場を抑えているのだと思います。

 

ファーストウェーブコーヒー市場は、価格競争や付帯サービスの競争、それに営業力とマーケティングの競争で勝敗が分かれる市場なのかもしれません。

ネスレ日本は、日本のファーストウェーブコーヒー市場で、マーケティング力を駆使して大攻勢を仕掛けているのかもしれません。

 

オートメーション化した工場でコーヒー豆を焙煎加工しているコーヒー企業の主戦場は、大量生産、大量消費のファーストウェーブコーヒー市場なのだと思います。

日本のセカンドウェーブコーヒー市場は、アメリカ同様、スターバックスコーヒーというトップランナーが存在していて、こめだ珈琲店やドトールコーヒーなどが、そのスターバックスコーヒーを追いかけるという構図になっているのだと思います。

 

セカンドウェーブコーヒー市場は付加価値の取れるコーヒー市場ですから、ファーストウェーブコーヒー市場が主力のコーヒー企業も、セカンドウェーブコーヒー市場への進出を目論でいるのかもしれません。

しかし、現在のところ、それほど上手く事が運んでいるとは思えません。

 

日本のサードウェーブコーヒー市場の開拓者は、喫茶店・飲食店向け業務卸が専門の中小ロースター(業務卸主体のコーヒー豆焙煎会社)なのだと思いますが、現在のところ、高付加価値のサードウェーブコーヒー市場で頑張っているのは、コーヒー豆自家焙煎店と呼ばれている規模の小さな焙煎屋なのだと思います。

 

この分野にも、ファーストウェーブコーヒー市場が主力のコーヒー企業が、もしかしたら色気を持っているのかもしれません。

でも、ファーストウェーブコーヒー市場とサードウェーブコーヒー市場とでは、市場としての隔たりが大きすぎるのだと思います。

 

アメリカでも、日本でも、ファーストウェーブコーヒー市場でも、セカンドウェーブコーヒー市場でも、サードウェーブコーヒー市場でもない、もう一つの規模の小さなコーヒー市場が存在しているのだと思います。

サードウェーブコーヒーの市場も日々進化していて、エカワ珈琲店のような家族経営の零細事業者は、サードウェーブコーヒーの一つの進化形である「もう一つの規模の小さなコーヒーの市場」で棲息しているのだと思います。

 

ファーストウェーブコーヒー市場やセカンドウェーブコーヒー市場のコーヒー企業が、その、もう一つの規模の小さなコーヒー市場に色気を持ったりすれば、おそらく、マーケティング戦略が無茶苦茶になってしまうはずです。

サードウェーブコーヒー市場での成長を望んでいる事業者は、もともと、もう一つの規模の小さなコーヒー市場(エカワ珈琲店などが棲息している)から出発したわけですから、その市場に色気を持つということは、マーケティング戦略の矛盾を意味するのだと思います。

 

ファーストウェーブコーヒー市場、セカンドウェーブコーヒー市場、サードウェーブコーヒー市場、サードウェーブコーヒーの進化形であるもう一つのコーヒー市場と、現在のところ、4つのコーヒー市場は、棲み分けができているのだと思います。

そして、その中で最大規模のコーヒー市場は、ファーストウェーブコーヒーの市場で、次いで規模の大きいのがセカンドウェーブコーヒーの市場なのだと思います。

 

その棲み分けを無視するファーストウェーブコーヒー系やセカンドウェーブ系のコーヒー企業が存在するのだとしたら、そのコーヒー企業は、どのように考えても支離滅裂で無茶苦茶なマーケティング戦略やブランディング戦略を採用しているとしか考えられません。