江川珈琲店のブログ

「エカワ」は音声検索で表示され難いようなので、またまた、「江川珈琲店のブログ」にブログタイトル名を変更しました。

今、日本のファーストウェーブコーヒー市場が流動化しているのかもしれません

日本のコーヒー市場ですが、ファーストウェーブコーヒー市場、セカンドウェーブコーヒー市場、サードウェーブコーヒー市場というものが存在しているのだとすると、その中で最も規模の大きい市場は、ファーストウェーブコーヒー市場だと思います。

 

ちなみに、日本にファーストウェーブコーヒー市場が存在するのだとすると、アメリカのファーストウェーブコーヒー市場とほぼ同じで、大量生産したコーヒー商品を、百貨店やスーパーマーケットやホテル・飲食施設などにレギュラーコーヒーという焙煎したコーヒー豆を納入している珈琲企業が得意とする市場だと考えます。

その日本のファーストウェーブコーヒー市場が、最近、相当に流動化して来ているのかもしれません。

 

マーケティング戦略、ブランディング戦略を駆使して、ファーストウェーブコーヒー市場で大攻勢を仕掛けているネスレ日本(関連1)の営業利益ですが、今年の前半は、前年同期比で1割の増加だったと報道されています。

 

セルフサービスのコンビニコーヒー(関連2)は絶好調で、店頭でセルフサービスの淹れたてコーヒーを販売する食品スーパーも登場していて、人気を博していると報道されています。

コンビニコーヒー自体はセカンドウェーブコーヒー市場(日本に存在するとすれば)の範疇に入るのだと思いますが、原料の焙煎コーヒー豆を供給しているのはファーストウェーブコーヒー市場の珈琲豆焙煎企業です。

 

百貨店やショッピングセンターに出店しているレギュラーコーヒー豆販売店も、好調を維持しているようです。

アスクルや楽天市場、アマゾン、ヤフーショッピングなどを通じたレギュラーコーヒー豆の通信販売も、好調を維持していると伝えられています。

新聞広告や雑誌広告を通じてのレギュラーコーヒー豆の通信販売も、好調のようです。

 

ビジネス施設に設置されている淹れたてコーヒーの自動販売機の前には、休憩時間ともなると行列が出来ていたりします。

ファーストウェーブコーヒー市場のコーヒー需要ですが、流動化していて、相当なスピードで様変わりしているように感じられます。

 

もしかしたら、日本のファーストウェーブコーヒー市場ですが、寡占化の時代が終了して、分散化の時代に突入しているのかもしれません。

ということで、日本のファーストウェーブコーヒー市場ですが、エカワ珈琲店のような傍観者に言わせると、相当に面白い市場に見えるわけです。

 

参考or関連記事

(関連1)

石井淳蔵さん著作「ビジネスインサイト」に、ネスレ日本のキットカットに関するマーケティングが紹介されています。

(関連2)

コーヒーを飲むのが目的なら、消費者は、喫茶店よりもコンビニエンスストアーの挽きたて淹れたてコーヒーを選択すると思います。