エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

エカワ珈琲店の喫茶店・カフェ向けビジネス

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

喫茶店、カフェのお客様

エカワ珈琲店は、喫茶店・カフェ・飲食店のお客様も、オフィスのお客様も、家庭でコーヒーを淹れられるお客様も、全て同じ条件で対応させて頂いています。

 

自家焙煎コーヒー豆の小売販売を開始した20数年前、エカワ珈琲店のビジネスコンセプトは「煎りたて、新鮮、香りの良い焙煎コーヒー豆を卸売価格で販売」することでした。

近年、スペシャリティーコーヒーという概念が登場して来て、エカワ珈琲店のビジネスコンセプトも少し変化ています。

 

 

『煎りたて、新鮮、香りの良いスペシャリティータイプの焙煎コーヒー豆を、常連のお客様に限定させて頂いて、リーズナブルな価格で提供させて頂く』を、現在のエカワ珈琲店のビジネスコンセンプトとしています。

 

ということで、エカワ珈琲店のビジネスコンセプトは「常連のお客様(常連会員様)を優遇させて頂く」ですから、ホールセールということで大量に購入しなくても、常連のお客様(常連会員様)になって頂ければ、それほど規模の大きくない喫茶店・飲食店様なら、十分に採算の合う販売価格になっていると考えています。

 

f:id:ekawa:20151016174041j:plain

 

喫茶店の複業にコーヒー豆自家焙煎を

経験から、独立系自営業者は複業を目指すべきだと考えるようになっています。

サラリーマンでは無いわけですから、生活の基盤を2つくらいは持っておくべきだと思っています。

エカワ珈琲店も、老骨に鞭打って、その方向を志向しています。

 

エカワ珈琲店は零細生業パパママ経営のコーヒー豆自家焙煎店で、年齢の関係もあって生産能力の増強は考えていません。ですから、焙煎コーヒー豆の生産量・販売量に限度があります。

 

しかし、これまで蓄積してきた知識・経験(スキル)・技術の販売については、まだまだ余裕をもっています。

今後は、この部分の商売(ビジネス)を強化して行きたいと考えています。

もちろん、零細生業パパママ店のビジネスですから、リーズナブルな価格で提供させて頂くつもりです。

 

その一つの試みとして、これまで蓄えて来たコーヒーに関係する経験・知識・技術を、有料記事という形でnoteを通じて販売しています。

 ↓↓↓

note.mu