エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

喫茶店、飲食店向け業務卸は、コーヒー豆自家焙煎店に有利な未開拓市場なのだと思います

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

最近、喫茶店・飲食店向け業務卸について、色々と調べています。

エカワ珈琲店ですが、1990年代、オフィス向け業務卸が順調に推移していた頃、喫茶店・飲食店向け業務卸も積極的に開拓したいと考えていました。

   

 

21世紀に入って、オフィス向け業務卸が急速に下降線を描き始めて、それと並行するように焙煎コーヒー豆の店舗販売も急速に下降線を描き始めたので、喫茶店・飲食店向け業務卸を積極的に開拓する余裕が無くなってしまいました。

 

2010年代に入って、都会で新しいコーヒー文化が注目され始めて、昨年(2014年)あたりからは、その新しいコーヒー文化が、地方の町のコーヒー豆自家焙煎店周辺にまで影響を及ぼし始めています。

焙煎コーヒー豆の小売りについては、21世紀に入った頃の15年前とは、大幅に商環境も商売の仕方も変化しています。

 

 

エカワ珈琲店は、焙煎コーヒー豆小売商売を営んでいるのですが、15年前とは、商売の有様が全く異なってしまっています。

時々、数年ぶり、10何年かぶりというお客さんも来店してくれるのですが、現在のエカワ珈琲店に戸惑っている様子が伝わってきます。

 

コーヒー豆自家焙煎店の焙煎コーヒー豆小売商売は、21世紀に入ってからの15年で、相当大幅に変わってしまいました。

コーヒー豆自家焙煎店にやって来るお客さんの求めている何かが変化しているのですから、その変化に合わせて何かを変えて行かなければ、商売が縮小してしまいます。

 

コーヒー豆自家焙煎店は小規模な商売ですから、商売の縮小は命取りになることも有り得ます。

ですから、お客さんのライフタイルに適合すべく、コーヒー豆自家焙煎店の商売も変わって行く必要があったわけです。

 

ブログネタにしようと考えて、10数年ぶりに喫茶店・飲食店向け業務卸について少し調べたのですが、この分野については、10数年前と、もしかしたら20年以上前の昔と、商売そのものがそれほど変化していないようにエカワ珈琲店の目には見えます。

昔ながらの営業力主体の商売で、コーヒーを大量に消費するだろうお客さんには、高価な調理器具を無償貸与するなど、平均的な消費者に平均的な商品を提供する商売を営んでいるように見えます。

 

21世紀に入ってからのコーヒー豆自家焙煎店の成長領域は、平均的な消費者に平均的な商品を提供する商売ではなくて、特別な消費者に特別な商品を提供する領域に存在していたのだと思います

2010年代に入って、独立系の喫茶店・飲食店需要は、特別な消費者に特別な商品を提供する需要へと様変わりしつつあるのだと思います。

 

f:id:ekawa:20151105165055j:plain

(Wikipedia/喫茶店よりの引用)

 

もしかしたら喫茶店・飲食店の業務卸をターゲットとして、コーヒー豆自家焙煎店や小規模なコーヒー豆焙煎業者が、特別な消費者に特別な商品を提供する商売を営めば、喫茶店・飲食店向け業務卸で相当規模の需要を確保できるかもしれません。

 

特に、コーヒー豆自家焙煎店の場合、特別な消費者に特別な商品を提供する商売については、ある程度の経験(スキル)を持っているわけですから、相当に面白い商売ができるかもしれません。

喫茶店・飲食店向け業務卸には、特別な消費者に特別な商品を提供する焙煎コーヒー豆需要という、未開拓の相当に大きな市場が存在している可能性があるとエカワ珈琲店は考えます。