読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

下流老人にならないために、天下のUCCコーヒーと全力で戦っています

マイストーリー 珈琲商売

この秋(2015年)64歳になったエカワ珈琲店の店主の年金受給額は、現在、年間40万円弱で、65歳になると倍の年間80万円前後になると予想しています。

国民健康保険料、介護保険料、住居の固定資産税、NHKの受信料などの公租公課で30万円くらい必要だとすると、生活に使えるお金は50万円(月4万円)くらいなのだと想像しています。

 

 

ですから、エカワ珈琲店の店主の場合、お金を稼ぎ続けなければ、生活に困窮するのは目に見えています。

50代と60代半ばとでは、気力はそれほど衰えていないのですが、体力は確実に衰えていて、無理ができなくなっています。

だから、日本の大半の企業や役所の定年年齢が60代の前半で設定されているのかもしれません。

 

老後破産:長寿という悪夢

老後破産:長寿という悪夢

 

  

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)

 

 

 「下流老人」、「老後破綻」という言葉を、最近、見たり聞いたりすることが多くなっています。

エカワ珈琲店の店主の場合、働いてお金を稼ぎ続けなければ、その言葉が当てはまってしまいます。

 

エカワ珈琲店の店主は60代半ばに到達していて、誰かに雇われて、現在の生活を維持するだけのお金を稼ぎ続ける体力・気力には自信がありません。

しかし、現在の商売で、これまでと同じくらいのお金を稼ぎ続けるのは簡単だと思っています。

慣れた仕事ですから、おそらく、80歳を超えたとしても、そこそこ健康で働けるなら、収入が減少して行くかもしれませんが、それなりの生活を維持できる自信があります。

 

ということで、エカワ珈琲店は、どのような障害が存在するとしても、現在の商売を続けて行くしか生きていく術がありません。

21世紀に入ってからのエカワ珈琲店の商売は、日本最大手のコーヒー企業であるUCCコーヒーの攻勢をしのぐことだけを考える商売でした。

 

しかし、2010年代に入ってからは、特に、この1年から2年は、UCCコーヒーの攻勢に全力で対抗する方向に商売方針を変更しています。

日本最大手のコーヒー企業であるUCCコーヒーの影響力は、コーヒー市場の商売地図の全ての場所に及んでいるようにも見えます。

 

ですから、日本最大手のコーヒー企業UCCコーヒーの周辺には、相当に巨大なまだ見ぬ市場が存在しているのだと思います。

零細生業パパママ経営のコーヒー豆自家焙煎店であるエカワ珈琲店は、UCCコーヒーの不得手な領域、手の出せない領域を探し出して、そこでの商売に全力を投入するつもりです。

 

ということで、和歌山市とその周辺地域でのUCCコーヒーの商売を、把握できる範囲内で調査・分析して、エカワ珈琲店の棲家となるべき新しいコーヒー市場を探し続けている今日この頃です。

 

UCCコーヒーは、日本最大手のコーヒー企業です。

ですから、エカワ珈琲店の探している新しいコーヒー市場ですが、UCCコーヒーのビジネスの周辺に最も豊富に存在している可能性が高いのだと考えています。

 

エカワ珈琲店の経営者夫婦を下流老人の危機から救ってくれるのは、全力で日本最大手のコーヒー企業UCCコーヒーと戦うことだと、現在は考えています。

おそらく、それが、零細生業パパママ経営のコーヒー豆自家焙煎店であるエカワ珈琲店には、最も最適なマーケティング戦略なのだと思います。

 

マクドナルドのすぐ近くにシェイクシャックの市場が存在していて、スターバックスコーヒーのすぐ近くに、サードウェーブコーヒーの市場が存在していたわけですから。

日本最大手のコーヒー企業UCCコーヒーの近くにも、そのような市場が存在しているはずです。