エカワ珈琲店のブログ

和歌山市で営業している珈琲屋の雑話です

 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

焙煎コーヒー豆をママチャリで配達していた時期もありました

【クローズアップ】 

 

コーヒー豆自家焙煎店経営

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーに関係する幾つかの記事

   

 

 

40歳になってから覚えた水泳が面白くなってしまって、40代、50代と、スポーツジム通いに夢中なってしまって、さらに50代には、周りの人たちに誘発されてランニングにも興味を持ってしまって、さらにさらに50代の中頃には、自転車にも興味を持っていたことがあります。

 

泳ぐことに興味を持って、あっちこっちのプールに泳ぎに行ったりしていると、自然と、ランニングや自転車に興味を持っている人たちとも知り合いになります。

そして、その人たちに影響されて、走ることや自転車に乗ることに興味を持つようになります。 

 

スポーツジムで泳ぐことと、和歌山城の周りをゆっくりと走ることについては、それほどお金も必要なかったのですが、自転車となるとそれなりのお金が必要で、当時のエカワ珈琲店には、そのような余裕はありませんでした。

で、仕方が無いので、しばらくの間、ママチャリに乗ることにして、仕事と遊びの一石二鳥ということで、焙煎コーヒー豆をママチャリで配達していた時期があります。

和歌山大学の近くから紀三井寺あたりまで、ママチャリで配達していました。

 

60歳前後から、疲れやすくなってきて、アレギー症状も出てきたりして、ママチャリでの配達も苦痛になって来て、配達業務から撤退しました。

エカワ珈琲店の店主は、現在64歳ですが、身体の不調が原因で、2年前に、スポーツジム通いも自動車の運転と所有も取止めています。

 

で、最近、一時ほど、身体の不調も深刻では無くなっているので、和歌山城の周りをゆっくりと歩いたりする運動を再開しています。

年齢が年齢ですから、楽しみや趣味を目的としてではなくて、健康維持を目的とした運動をして行きたいと考えています。

 

f:id:ekawa:20151212232202j:plain