読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 
Yahoo!ショッピング  ロハコ  アマゾン  楽天市場   ノート(有料記事)  エカワ珈琲店  
 

20数年前に鞍信一さんが教えてくれた「喫茶店が生き残る方法」

珈琲商売


★注目カテゴリー

セスゴーディさんに聞いてみよう
昭和ストーリー
珈琲ストアー

★有料記事(珈琲関係)、好評販売中!!
珈琲一般生豆成分焙煎
香りと味焙煎コーヒー豆醸造



1980年代のはじめ頃、店舗数10数万店を数えていた個人経営の喫茶店ですが、1990年前後になると約13万店舗と、数年の間に3万店舗から4万店舗も減少していました。

そして、巷間では、「喫茶店からのコーヒー離れ」という風評が流れていたわけです。

f:id:ekawa:20150723222713j:plain

 

 

当時の雑誌記事によると、そのような風評が流れる原因として、次のような原因を指摘しています。

インスタントコーヒーが全家庭・全職場に普及・浸透したこと、自動販売機の缶コーヒーが売れていること、レギュラーコーヒーが家庭や職場で楽しまれるようになったこと、喫茶店で飲むコーヒーを美味しいと感じなくなったことの4点です。

  

で、その雑誌記事には、その対策も書いてありました。

飲食店の中で、最もお客さんと触れ合う機会の多い商売が喫茶店だということ、カウンター内での手作り・手仕事が、お客さんの共感を作り出す商売だということ、飲食店商売の中で、最も自由奔放にアイデアを生かせるのが喫茶店商売だということ、以上のような強みを持っていることを忘れてはいけない。

 

自販機のような商売をしてはいけない、右のものをそのまま左へ売る商売をしてはいけない、

アイデアを生かして、ものを創り出す、個性ある店作りをするべきである。

そうすれば、小さなお店であっても大きな強みが生まれるわけで、生き残る方策も自然と生まれてくるものである。

 

というような内容だったと記憶しています。

その記事を書いたのは、生前、高名なコーヒー研究家で「かなざわ喫茶村」の村長をされていた鞍信一さんです。

4分の1世紀前の記事ですが、現在でも通用する内容の記事ですから、やはり鞍信一さんは、私たちコーヒー屋の偉大なる大先輩なのだと思います。

 

2016年の日本、アメリカからやって来たサードウェーブコーヒーの影響もあって、コーヒー豆を自家焙煎している個人経営の喫茶店は頑張っているのですが、昔ながらの個人経営の喫茶店は苦戦しています。

しかし、喫茶店チェーンが元気なので、喫茶店商売全体で眺めればプラス成長しています。

 

エカワ珈琲店は、1980年代の後半、喫茶店商売が廃業寸前の窮地に見舞われていて、その窮地から脱出するための方法としてコーヒー豆自家焙煎を開始したわけです。

その経験から、今も昔も、個人経営の喫茶店が生き残る方法の一つとしての、コーヒー豆自家焙煎の選択は有効な方法なのだと考えています。

 

エカワ珈琲店は、コーヒー豆自家焙煎を選択することで、20数年後の現在(2016年)も生き残っています。